布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2006年08月

苦戦するグローバルリーダー育成

2006年08月22日
d0ea7dd8.jpgグローバルリーダーの育成に関する問い合わせが増えている。

『社内を見回したがグローバルで通用するリーダー層が薄い。外部からプロフェショナルを採用する手もある。しかし、ホンネは社内事情に詳しく信頼のできる人物で且つグローバルでも通用する役員、事業部長クラスが欲しい』。

ここ数年この問題が、各社の経営課題の上位にあがってきていると聞く。事例を伺うと外部からのプロフェッショナルの採用は、MBAホルダーの退社と似通った理由で長続きしないことが多いようだ。プロフェッショナルやMBAのスキルや知識は必要であるが、現実的にはいいとこ取りはできない。彼らの能力を最大限に活かすには、待遇や条件面の要求や物事へのアプローチも合わせて受け入れるのが筋である。しかし、それが伝統的な企業の組織風土と不協和音を起こしてしまう…



大手企業がトップ10校へ何名送り出せるかを競っていたバブル崩壊直前の88-89年頃、私はクライアントの人事担当者数名とハーバード、スタンフォード、MIT、ウォートンなどを視察し実態を調査したことがある。その頃は、日本型経営が世界の成功モデルとしてケース化されていた。

しかし振り返れば、その当時のMBA派遣の目的は長期的なビジョンを持ったグローバル人材育成というより、MBA制度があるという採用対策と英語のできる若手社員を育成する、というのが実態だった。企業からのMBA派遣の年齢層は27-32歳。もし、その頃の派遣MBAホルダーが2006年現在そのまま在職していると45-50歳になっている。まさに、前述した「社内事情に詳しく信頼のできる人物」になっている世代である。残念ながら彼らの多く、特にプロフェッショナル志向の人材の多くは社を去っていった。

そして今現在も、MBAホルダーの退社問題はいまだに衰えていないようだ。MBAホルダーが退社を決断する理由は大きく分けて《不満型》と《挑戦型》の2種類である。不満型は、MBAスキルを使いにくい企業風土や組織に対する不満を持ち、挑戦型は外に飛び出して自分を試してみたいという欲求を抑えられなく退社する。実際、退社までいってしまうケースはその混合型が多い。



構造的には、ここまで述べた理由も含めて日本企業においては、グローバルリーダーと呼ばれる人材が枯渇している。MBAを取得していればグローバルリーダーになれる訳ではないし、実際MBAホルダーではないが十分にその役割を担っている人材も少なくはない。ただ、上位のビジネススクールがグローバルレベルで成果を出せるプロフェッショナルの育成に一役かっていることも事実である。



そんな中、6月から7月にかけてビジネスクールのエグゼクティブプログラムの調査もあり、米国(ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ)を2週間回ってきた。やはり、グローバルリーダー育成の最前線は米国ビジネススクールだと再認識した。その現地報告を次回お伝えしたい。



(お知らせ)

弊社トップページ(http://www.globaledu-j.com/)でも紹介しているが、9月8日(金)のグローバル人材育成研究会(http://www.globaledu-j.com/e/e6.html)ではUCバークレー(Haas School of Business)のAndrew Isaacs教授をお招きしている。内容はMOT(技術経営)も含めたエグゼクティブプログラムの事例紹介である。また、私の方からは海外研修プログラムの種類と導入のノウハウをわかりやすく解説させていただく予定なのでのぜひご参加いただき皆様からのご意見も頂戴したい。



写真はAndrew Isaacs教授。



kazukon at 15:47

自己紹介

2006年08月16日
6bb3b60e.jpgホームページがようやくリニューアル。できるだけ、弊社の考え方や実際の研修プログラムをわかりやすいようにと思いを込めた。何度も書き換えたりして、アップが2ヶ月も遅れてしまった。このブログにはできるだけ人材育成の現場の様子などを書いていきたい。



ということで、今回がはじめてのブログなので簡単に自己紹介をしたい。生まれと育ちは東京の浅草である。今でも5月の三社祭は必ず神輿を担ぐ。生まれ育った家には年老いた両親がまだ住んでいるので時々遊びに行く。その度に、やっぱり浅草はいいな、と思う。

オフィスのある青山も静かで落ち着いているし、住居のある下北沢も山の手と下町の雰囲気が交じり合って好きだが、子供のころ生まれ育った浅草の町のにおいは格別である。実は、人にはまったく下町っ子に見られない。ところが内面は典型的な江戸っ子である。そう見られないのは仕事柄あまりべらんめえで話すことを控えているからかもしれない。



子供のころの遊び場は、花やしき、仲見世、観音様、今はなき新世界というデパートである。花やしきの前には見世物小屋があって、表には蛇女(顔が人間の女で体が大蛇)が描かれている。木戸銭を払って中に入ると散々前座で待たせて最後に蛇女が登場するが、普通の女性が体に蛇を巻いて出てくるだけである。まあ、当然であるが子供としてはもしかすると、表の看板のようなホンモノの蛇女が出てくるかもしれないというかすかな期待があるからがっかりして出てくる。花やしきでは、民家に突っ込んでいく勢いのローラーコースターが怖くてしょうがなかった。怖いといえば、新世界の屋上の雷魚釣りのところにいたナイフ投げのお兄さんは本当に怖かった。『坊や、指を大きく開いてごらん、と言って、釣堀の木の枠のところに手を置かせて指の間にナイフを投げる。すごい腕で指と指の間にナイフが突き刺さる。あの時、小指の先でも吹き飛ばされていたら今の仕事はちょっとしにくかった(笑)。





趣味は仕事ですか?などと言われるほどこの5年間は仕事ばっかりしていた。まあ、でも最近はスタッフのみんながバリバリ仕事をこなしてくれていて(感謝!)少し時間に余裕ができてきたので、好きな車とバイクで旅行に行ったりしている。



ということで自己紹介というよりつい浅草のことばっかり書いてしまった。今年の三社祭で神輿を担ぎながら、半纏(はんてん)に隠し持ったデジカメに収めた写真を貼ってみた。



kazukon at 15:21
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら