布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2006年11月

『グローバル・スクールハウス』構想

2006年11月28日
60cd1411.jpg今朝の朝日新聞朝刊に『世界の経営大、続々進出』という題で、このBlogの10月20日に紹介したINSEADも含めたシンガポールの『グローバル・スクールハウス』構想が報じられていた。



この構想は98年にシンガポール政府が打ち出したもので、資源もなく、人口も少ないシンガポールが、『教授陣や学生、大学関係者が集まれば消費が増える。大学の集積で研究型企業の誘致に弾みがつき、留学生がそのまま働いてくれれば人手不足も補える。(本記事よりより抜粋)』という戦略でスタートしたものだ。



東京や香港などアジアの11都市が候補になったが、用地提供と約7億5千万円の研究費助成などの誘致策が決めてとなって弊社が提携するINSEADもシンガポールに進出先を決定したようだ。



シンガポール政府のスピード感に満ちたこの行動力、交渉力には感心する。まさに、グローバル経済を先取りするプロアクティブ型政府である。



日本とシンガポールを単純に比較するつもりはないが、グローバルレベルで活躍できるプロフェッショナルが枯渇する日本企業にとっては、世界のトップスクールが続々と進出するシンガポール政府の動きはうらやましい限りだろう。08年までに世界の有力校10校を誘致するという目標を上回り、すでにシカゴ大学ビジネススクールや、MIT、独ミュンヘン工科大学などを含め、16大学の誘致に成功している模様だ。



グローバル人材の育成が進まない日本企業と世界のトップスクールの誘致でシンガポールに遅れをとってしまう日本政府は、どこか構造的に似ている部分があるように思えてならない。





頑張れ、日本企業、日本政府!!



写真は今朝の朝日新聞



kazukon at 15:52

ローカルマネージャー研修の効果的な実施方法

2006年11月14日
76a73cfb.jpgここ数年ローカルマネージャーのチームビルディングを目的としたセッションのファシリテーションの依頼が増えてきている。少し前までは、ローカルマネージャーを日本に呼ぶ場合は、インセンティブ的な意味合いが多く、4-5日間で社長・役員講話+現場見学+懇親会という形態が一般的で、現状の課題にはあまり入らず、お茶を濁すような形のものが多かった。セッションなどを持つといろいろ不満や対応しにくい提案などが出てきても困るから、というのが大方の理由である。ところが、思い切って実行してみると意外とインセンティブ効果だけではなく、グローバル経営の効率を高めるのに大いに役立つことがわかってきた。



つい最近も弊社クライアントにてローカルマネージャー向けのセッションを弊社講師のDr. James Doughertyのファシリテーションで行ったのでオブザーブしてきた。このセッションはぶっつけ本番ではなく予め、ネット上の Community (掲示板・ファイルアップロード・リンク・チャット機能)を使って、事前ディスカッションを行っている。昨年が第一回目で、タイトルは「Corporate Value」、今回は「How to Make (A社) No. 1」というタイトルで行った。最終日には社長、役員への参加者全員によるプレゼンテーションがある。



そのローカルマネージャーのプレゼンテーションをオブザーブした印象は以下の通りである。



1) 全般的にMBA的なフレームワークを使いこなしていてロジカルでわかりやい。

2) ネイティブではないローカルマネージャーでも英語でのプレゼンテーションに慣れていて、パワフルかつ洗練されている。

3) 国、地域でロジックやプレゼンテーションのスタイルが大きく異なるが、かえってお互いに刺激になりグローバルレベルでのチームビルディングが起きている。



日本人マネージャーは参加していなかったので、比較はできないが他社での事例では、日本人のマネージャーレベルによるプレゼンテーションは上記の1)と2)においては、明らかに見劣りしてしまうことが多い。特に日本人のプレゼンテーションで気になるのは以下の4点である。



a) ロジックの組み立てがあいまいでポイントがない。 b) 声の大きさ、トーン、表情、ジェスチャーなど非言語コミュニケーションが弱い。 c) オーディエンスとのコミュニケーションが少なくワンウエイである。 d) ユーモアを使わない。





多国籍の参加者から成るワークショップ参加やプレゼンテーションに求められる A)コンセプチュアルスキル、B)ヒューマンスキル、C)英語力の3点は日本の学校教育の弱点であることは、最近よく指摘されているが、まさにこういった場面でも表面化していると感じた。



写真はワークショップの風景



kazukon at 15:14
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら