布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2009年05月

自然に毎日、自己強化ををしている人々

2009年05月22日
BlogF19日にグローバル人材育成研究会33回『コア人材に眠るリーダーシップを引き出す!活力あるリーダー育成のためのセルフエンパワーメント』を開催した。今回のゲストは、野呂理さんとクレディセゾンさんの人事部長武田雅子さんである。野呂さんとはもう5-6年のお付き合いで、クレディセゾンさんも含め多くの企業の管理職向けリーダーシップ研修で協働させていただいている。野呂さんは人気がありすぎてなかなか日程が取れないのが難である。研究会では、3時間弱しか野呂さんのセッションをご体験できなかったが、やはり多くのご参加者から高い評価を頂いた。







BlogC武田さんも、やはりもう6-7年お世話になっている。30代で人事部長、しかも女性であるから注目されている。先日も、NHKの『ソクラテスの人事』に出演されていたのでご覧になった方もいらっしゃるのではないか。



私は、「企業と人材」(産労総合研究所発行 5月5日号)に、「教育スタッフにこういいたい!」を寄稿させて頂いた。『すごい教育スタッフ』の軸は、「ビジョン力」、「デザイン力」、「コーディネート力」であると私は考える。武田さんはこの3つの要素をバランスよく持つ方であるが、その根本にあるのは、『社員の為』という軸であることを何度も感じる機会があった。それも、その思いが並外れて強い







BlogA後半、私から武田さんと野呂さんにインタビューするセッションを持った。お二人には共通点がある。いつお会いしても生き生きとしていて、どんどん人間としての魅力が増してくる。武田さんは大きな組織の管理職として、野呂さんは大手研修会社から独立してリーダーシップの講師としてであり、あり方は違うが、常に人生を前進していく。



お二人とも、無意識に自然に毎日の生活の中で自己強化(セルフエンパワーメント)する体質である様に見える。



野呂さんのコースは、2日間で参加者が自分の価値観【自分は何者か・何が大事なのか・どのように目的を達成したいのか】に気づき行動変容を起こす。



不況の中で、すぐに利益につながるスキル重視の傾向があるが、エネルギーが低下した状態で、スキルスキルといっても空回りする。逆に、自然に毎日の生活の中で自己強化(セルフエンパワーメント)する体質を持つことにより、仕事の現場が学びの場になる。



当日のレポートは近日中にアップさせて頂く。

kazukon at 10:27

今年も三社祭盛り上がってます

2009年05月16日
09三社今日は三社祭で神輿を担いできた。浅草で生まれ育ったので、これは毎年かかさずかかさない。昼はいつも行く洋食の『ヨシカミ』に行ったが案の定、長蛇の列。あきらめて初めて入った『江戸っ子』で天ぷらを食べたが、高齢の女将さんが粋だった。やはり下町らしさはこういう時に感じる。



外国人の担ぎ手も今年も多かった。それも、多国籍で驚いた。新興国の方々もかなり多い。浅黒い肌の女性の袢纏(はんてん)姿は、化粧も髪型もユニークでエキゾチックである。日本人の若い女の子などは興味津々で見ていた。日本の下町文化をこのように外国の方々に楽しんでもらえることは、江戸っ子として嬉しい。



明日17日までなので、まだ三社祭を見たことのない方はぜひ一度ご体験を。





kazukon at 22:50

英語はモチベーション X 学習法

2009年05月14日
下の写真は、先週某社にて行われた新入社員グローバル研修の1シーンである。講師は弊社の福田聡子「右脳型英語学習法」のパートを担当した。右脳型とは、一生懸命いやいや文法やボキャブラリーに取り組むのではなく、以下のような行動の習慣化である。Taiyo Fukuda



1)映画やドラマを使って楽しく体で覚える。

2)自分のストーリーを作って何度も音読する。

3)自分で英語の独り言をいう。<




fukuda



詳しくはこちら







最近、研修経費削減で、会社が英会話クラスを削減する動きがあり、自らポッドキャスティングやNHKのプログラムを自費で取り組むなど、社員が自立的に「英語学習を習慣化する」セミナーを行いたいというお問い合わせが急増して、このセミナーが人気である。



留学もしていないし海外に住んだことがないのに、英語を使いこなす人の共通点は次の2点である。



1)モチベーションが高く決心している。

2)独自の学習法を確立している




そして、数ヶ月でぺらぺらになるなどの幻想を持たず、学習を楽しく習慣化し、ある日突然《聞こえる話せる》瞬間(ティッピングポイント)に向かって静かに一歩一歩進んでいく姿勢である。



kazukon at 19:15

ビジョンとストーリーテリングが必要な理由

2009年05月04日
G研菅原さん24月27日(月)に弊社のパートナー講師である菅原美千子さんをお招きして、グローバル人材育成研究会の分科会を開催した。菅原さんは報道の現場(アナウンサー・キャスター・報道記者)というメディアの世界の人であり、コーチングの専門家でもある。そんな二つの世界に身を置いていることが、今回取り上げた『ビジョンメーキングとストーリーテリング』への思いにつながっていったように私には見える。



そして、私は、グローバル人材の要素の中核に、『ビジョナリーシンキング』という概念を置いている。ありたい姿(熱い思いと枠にとらわれない思い)と構想力(ありたい姿を実現する思考力)を併せ持つ、という意味である。言い換えれば思いは右脳主導(発散)であり、その思いを実現させるプロセスを左脳主導(収束)で実行に移すバランス感覚に優れた能力である。



そんな流れから、私と菅原さんの間には、共通に目指すテーマがある。それは、人に感動を与えるビジョンメーキングとそのビジョンをストレートに伝えられるストーリーテリングの技術を、人材育成プログラムとして確立して広めていくことである。



G研菅原さん4大不況の中で、セールス部隊を率いる、リストラ後の傷ついた組織の立て直しなどは、その部署のリーダーの一挙手一投足にかかっている。即効性が求められる時は、引き出し型のコーチングだけではなく、周囲が未来を描けるビジョンとそれを根気よく周囲に語って説得していくストーリーテリングこそが求められている。だからこそ、自らの内面にあるビジョンを自ら引き出し、自分を鼓舞し、周囲の人間に語りかけ、説得していくマインドと技術の訓練が求められているのだ。



今回の研究会では、私がその社会的背景と全体像を菅原さんがコースの具体的な内容をワークショップ形式で行った。



午後の部が満席になり、午前にも同じ内容で開催させていただいた。ご参加者のみなさんもセッションの中で自らの体験を語られていて、私も新しい視点をいただいた。



当日のレポートは近日中にアップさせていただく。



写真は研究会の様子。







kazukon at 12:03
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら