布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2009年11月

仕事のやりがい

2009年11月25日
FPCertificate
先週金曜日に、1年間のグローバル人材育成研修が幕を閉じた。最終日は恒例(今期で3回目)の経営陣へのファイナルプレゼンテーションである。



目の前には社長、副社長、専務、常務や上司、そして前年までのご参加者がずらっと陣取る前での英語によるプレゼンは、緊張感が漂う。



開始早々、私はあっと驚いた。出だしからインパクトがあり惹きつけられた。誰ひとりスライドを読まずに、非言語表現も効果的に加え堂々たるプレゼンである。

例年経営陣からは、容赦ない質問が出るのだが、今回も例外でない。それをことごとく拾おうとする姿勢はアサーティブそのものである。すべて答えられた訳ではなく追い詰められる場面もあったが、チームメンバーがお互い目配せしながら、絶対に逃げない



プレゼンのコンテンツも、クリエイティブかつゼロベース思考で実際説得力のあるものであった。



1年間で全11回(2~3日/回)の週末研修は、過酷である。だが、参加者も講師も人事部事務局も当社のコーディネーターも、皆本気である。選抜時TOEIC300点台(終了時はTOEIC800直前)もいる参加者は初日の英語によるセッションの理解度は消費税率なみのはずである。



海外研修ならありえるが、国内で激務をこなしながら、ここまでできるようになるには並々ならぬ努力があったはずだ。研修を生業とする私には容易に想像がつく。



写真は、懇親会で社長から修了証を受け取リ記念写真を撮っている場面である。

社長が冗談を取り混ぜながら、心をこめて修了証をひとりひとりに手渡していくのを、私はなぜか遠い昔を思い出しながら傍らで見ていた。



部下思いの社長(私から見ると戦国武将)と30代の次世代リーダー候補の信頼関係がじわっと伝わってくる心温まる懇親会だった。



古き良き昭和がそこにあった。内部の社員の方々にはこれが日常なのであろうが、私は勝手に感動し、たった1年で超多忙のなか『パーソナル・グローバリゼーション(個のグローバル化)』をやり遂げた次世代幹部候補の研修にかかわれたことに感謝し、『仕事のやりがい』を感じた。

kazukon at 10:01

意外と『奥が深い語学学校』をご存知ですか?

2009年11月24日
LSE G
先週の木曜日に,前回のブログでご紹介したLondon School of English(今年で98歳!)Timothy Blake氏とG研を開催した。Blake氏とは、20年の友人関係である。この間、私がかかわる形で数百人の方に、コースを受講していただいたが、非常に評判がよく、クレームとは無縁な学校である。この質をキープしているという意味で、彼が非常に優秀で英語教育にコミットしている経営者であることがわかる。



最近のG研では、コロンビアビジネススクールなどグローバルリーダーのための世界中のリソースをご紹介しているが、英語学校は若干誤解されている。

英語学校を単なる英語習得の場と捉えてはいけないのだ。詳しくは、後日G研レポートでご説明させていただく。



当日、EUのグローバル企業が、どのようにLondon School of Englishを活用しているかについて解説があった。これは、グローバル人材育成に苦しむ日本企業にとっても大いに参考になる内容であった。



ご参加者の皆さんには、イギリスのエグゼクティブ向け語学学校が意外と奥が深いことをご理解いただけたと思う。



写真は当日の模様。

kazukon at 14:59

語学留学の本質を知ると楽しくなる!

2009年11月13日
Holland_Park_Gardens_Restaurant


来週19日(木)にG研45回『ビジネスパーソンにおススメの本当に質の高い海外語学留学とは?』を開催する。

まだ残席があるのでぜひご参加頂きたい(参加費は無料)。



今回はThe London School of English(1912年開校)のManaging DirectorであるTimothy Blake(ティモシー・ブレイク)氏をゲストとしてお迎えする。



この学校の特徴は、その質の高さである。質とは、経営者の教育に対するポリシー、講師、参加者、場所、学校の雰囲気、ホストファミリーの6要素である。

この質は1912年(今年で97歳!)に開校してから、着実に積み上げた結果でありなかなかまねのできるものではない。



顧客としては、ヨーロッパを中心とし米国、日本、韓国などのグローバル企業から(ノキア、ルノー、ボルボ、シーメンス、HSBC,ネスレ、KPMG,カルフール、ヒューレットパッカード、デロイト、DHL,ラルフローレン、LG、電通、NTTドコモ、武田薬品)などで、人脈作りとしても申し分のない企業から参加している。



私も過去になんども訪れ、コースも体験し、参加者のエグゼクティブやマネージャーと、コース後にパブで飲みながら楽しい時間をすごした経験がある。



実は、日本からの参加者が何を持ち帰るかというと、英語力向上だけではなく、グローバル企業から派遣される参加者との交流から得られるダイバーシティ経験、すなわちグローバル人材としての視点、心得、人生の楽しみ方であり、ホームステイ(エグゼクティブ向き)でのライフスタイルからの学びなのである。



私のパートは、「1時間で分かる海外研修:語学学校編」である。意外と知られていないイギリスの語学学校の有効活用についてお話したい。



写真は、スクールのレストラン。なかなかの味である。

kazukon at 11:13

アイセックジャパン@早稲田大学 パート2

2009年11月12日
AISEC




一昨日の夜、早稲田大学で以前このブログでご紹介したアイセックジャパンのグローバルビジネスプロジェクトがあり、インターン生の帰国報告会があった。



今回は、インドネシア、フィリピン、香港でのインターン経験者3名が報告を行った。



3人とも、それぞれの個性と視点で、異文化の中の素晴らしい出会いの中で自分を見つめ、海外から日本を再発見し、パーソナル・グローバリゼーション(自分グローバル化プロジェクト)に成功したことが伝わる熱のこもったプレゼンであった。

約2時間のセッションだったが、もっとたくさんの大学生・大学院生に聞いてもらいたい内容であった。



最近私は新興国の若者と研修の現場で会う機会が増えている。そして、彼らと比較して、日本人の若手社員の成功願望やグローバルマインドが低い傾向があることを危惧していた。



しかし、今回3名の若者とそれを支援してきたアイセックメンバーの熱い思いとグローバリゼーションへの日本の新しい世代の取り組み方を垣間見て頼もしく感じ勇気付けられた。

このプロジェクトは支援する側と参加者両方に多くの学びと気づきを与えてくれている。



写真は当日のメンバー



kazukon at 13:26

NLPのLABプロファイルって?

2009年11月09日
G41P
先週木曜日G研第41回では、NLPのLAB(Language and Behavior)プロファイルワークショップ堀口紫氏をお招きして開催した。



NLP(神経言語プログラミング )はなかなか奥が深く難解であるが、さすが堀口さん3時間でうまくまとめてご参加者が『なるほど!』というレベルまで落とし込んでいただいた。

NLPとは、心理学と言語学をもとに体系化した人間のコミュニケーションに関する新しい学問である。



創設者のリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが1970年代にアメリカに居た3人の天才的なセラピスト(ミルトン・H・エリクソン、フリッツ・パールズ、ヴァージニア・サティア)が使う「言葉づかい」「行動パターン」「無意識の扱い方」を観察、研究し、さらに言語学・心理学などを取り組み、誰にでもすばやく、簡単に、しかも実践的に遣えるスキルとして開発された。これが自己実現や問題解決、そして、対人関係の向上のために非常に役に立つスキルといわれている由縁なのである。



G41 SF
LABプロファイルのLABは、Language and Behaviorの頭文字をとったもので、NLPの“メタプログラム(固有の認識パターン)”を、さらに深く掘り下げてうまれたものである。人が発する言葉とその行動には関係性があり、言葉を分析して「思考パターン」を知り、タイプに合わせたコミュニケーションをとることができるようになる。それが、LABプロファイルである。



自分自身の思考パターンに気づき、普段使わない言語パターンに気づくことで、「違い」を認める柔軟性が身に付く為、幅広い視野を持つことができます。そして、相手の思考パターンに合った言葉を発することで、深い共感を呼び起こし、相手の自発的な行動を促すこともできます。



以下はLABプロファイルが効果的に作用する例である。



「達成型」と「リスクマネジメント型」



「達成型(以下A)」の人は目標があるとそれにまっしぐらなタイプ。

「リスクマネジメント型(以下B)」は目標があると、その目標達成に向けての問題を見つけその解決に全力を尽くすタイプ。



このタイプを知ることなく仕事をしているとどうなるか。Aに対してBは問題ばかり投げかけるので、Aは先に進めずいらいらする。

BはAがまるで何も考えないで突進しているようで不安になる。



LABを学び、この2つのタイプを知ることにより

AはBに対して「リスクマネジメント」をしてくれているとBに対して感謝できるようになり、Aは自分が突進するタイプだと分かり、リスク回避を投げかけるBがなくてはならない存在となる。



詳細は近日中にホームページ上にアップさせていただく。



写真上は、ワークショップの様子。非常に盛り上がっていた。

写真下は、私が堀口さんをインタビュー中。

kazukon at 18:56

グローバル研修最前線 ~新興国エリート人材の追い上げに負けない!

2009年11月02日
23597c62.jpg先週の金曜日に、中国・深圳証券取引所にベンチャー企業向け市場「創業板(中国版ナスダック)」開設された。そして、ちょうどこの日に関西のグローバル企業(業界トップ)で、1年間の選抜グローバル研修がスタートした。今回で3期目であるが、今年のメンバーは20代後半から40代後半まで幅広い年代が集まった。



私が最近とても気になるのが、新興国人材の勢いと日本企業の人材の元気のなさである。これは、若手から30代ー40代まで幅広く見られる。経済で成功し成熟した社会に生きる日本人にその傾向がでるのは想定内である。しかし、だからといってそのまま放置されればあっという間に新興国に追いつかれ追い越されてしまう



金曜日にスタートした研修では、各部署の優秀かつ意欲のみなぎる人材を選抜して1年間でグローバル人材を育成するというコンセプトである。コースの80%は英語で行われるが決して英語研修ではない



人事部長から、『あの人は今』というタイトルで、1-2期のコース修了者が、グローバル展開で活躍する様子も報告された。英語と日本語のミックスでユーモアたっぷりのスピーチにはいつも惹きこまれてしまう。また、会社のグローバル展開のビジョンと求められるグローバル人材像の方向性が明確に示された当日、社長からも、『今年も頼みますよ!』とお声がけいただいた。

やはり、経営陣のコミットメントのある研修は、参加者の意気込みにも影響する。





参加者各自の自己紹介では、毎回このコースへの参加表明をしようやく夢がかなった人や同じ部署の参加経験者からコースのハードな様子を聞き、若干怖気づきながらも自分を鼓舞し不安を抱えながらも参加してきた人までいる。

TOEICは400点台の参加者もいるが、1年後には確実にグローバル人材の基盤となる5要素(ビジョナリーシンキング・セルエンパワーメント・コミュニケーション・ダイバーシティ・グローバルイングリッシュ)を身につける。



f9bbfa7b.jpg



私のパート『パーソナル・グローバリゼーションー自分グローバル化プロジェクト』は夕方に終わり、Dr. James Doughertyのアイスブレークセッションで始まった。



まずは正確さ重視の英語からの脱却のために、海外ドラマのワンシーンを使って、身振り手振り、表情、声のトーンまでも俳優になりきって演じるセッションである。

同様の手法は、コロンビア大学などトップビジネススクールの経営者教育でも使われており、研修参加を一気に加速させる上で非常に効果的だ。



今から、1年後の成果発表が楽しみである。



写真(上段)はDr. James Doughertyへのバトンタッチ、下段の写真はアイスブレークセッションの一幕。

kazukon at 13:43
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら