布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2009年12月

メラビアンの法則と英語力

2009年12月31日
今月のソウル出張ののホテルでの話である。到着した日に、私は3時半にホテルでのミーティングがあった。2時にはホテル着のつもりだったのだが、大渋滞に巻き込まれ到着したのが、3時半ぎりぎりになってしまった。だが、ホテルはサービスに関しては超一流を誇るホテルであり、すぐにチェックインすれば間に合うはずであった。ところが、フロントであり得ない言葉を聞いた。『大変申し訳ないのですが、バスタブのない部屋しかご用意できません。その代りスパの利用料をサービスいたします。』真冬のソウルでバスタブない部屋という選択肢は考えにくく、私にそのオファーを断られたそのフロントマンは15分以上、端末をたたきようやくバスタブ付の部屋を探しだした。キーを受け取り、部屋に行くと、今度はそのキーではドアが開かない。メイドさんに頼み、フロントから人を呼んでもらったが、それまで10分弱かかった。スーツにも着かえられず、結果として打ち合わせには30分も遅刻することになり相手に迷惑をかけてしまった。



このようなことがないように、選んだホテルであり、過去になんども泊ったこともあるが常にサービスは最高であるこのホテルらしくない出来事であった。



出発前日に、やはり話すべきだと思いカスタマーサービスの責任者を呼んでもらい彼にこう話した。

『私はこのホテルの大ファンである。10数年前にボストンで泊ってから今まで7-8か所で使わせてもらっている。それと、御社のモットーである“ We are Ladies and Gentlemen serving Ladies and Gentlemen.” は私も人材育成の仕事の中で使わせて頂いている。ただ、今回チェックインの時に起きた対応は御ホテルらしくなく、がっかりした。調査いただき今後このようなことなことがないようにしていただきたい。尚勘違いしていただきたくないが、このことは、部屋のアップグレードやなにか別のサービスを期待しているわけではない。』



その日の晩、フルーツとデザートの入ったボックスが部屋に届けられ、責任者の部下らしき人物から電話があった。英語力が低くよくわからないのに加え、ただ謝罪し続けるので、一応聞いて電話を切り、責任者に話したことを後悔した。私は、このことを部下にやらせることと電話での謝罪の仕方の稚拙さに余計失望してしまった。



ブランドマネジメントは難しい、とその時思い、私の会社も気をつけなければと自分に言い聞かせた。



チェックアウトの時、私がキーを戻すとそのフロントマンは今回のことを謝罪し次回の宿泊では部屋がアップグレードされる旨を述べた。ただ、私としてはフルーツバスケットやこのようなマニュアル化したサービスにはそれほど感動しない。すると私の後ろから、私に電話をしてきたカスタマーサービスのマネージャーが話しかけてきた。私のチェックアウトを待っていたのだ。そして、改めて謝罪を始めた。

私は、少し驚いた。その言葉は電話での会話と少しも変わらないが、彼の表情や真摯な態度には心が動いた。彼がこのホテルの仕事にプライドを持っているのが伝わってきた。もし彼の母国語でコミュニケーションをとれば電話での謝罪もまったく問題がなかったのだろう。



電話では、英語力がダイレクトに問われてしまう。グローバルビジネスにおける英語力の重要さを再確認した。



なるほど、これがまさに私もよくグローバルスキルの一つとしてコースで使うメラビアンの法則(コミュニケーションにおいて相手に影響を与えるのは、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%)だ。

電話では彼の英語力の低さと表現の稚拙さだけがネガティブに伝わったが、非言語の部分を重ねて体験することでまったく印象が違う。メラビアンの法則は頭でも理解し、ビジネスでもよく経験するが、今回の経験は強烈な印象として残った。思い込みや決めつけは厳禁である。



私は、出発直前にソウルに来たらまたこのホテルに来よう、と思った。



====================================

Choco1今年も、本日で最後である。皆さんにとって今年はどんな年でしたでしょうか?



私にとっては、皆さまからのご支援や温かいお言葉に支えられ、さまざまな新しいことに着手できた充実した1年でした。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

よいお年をお迎えください!



写真は年末からずっと私の相手をしてくれている愛犬のチョコ



kazukon at 17:19

韓国英語教育事情とサイバー暴力

2009年12月21日
with MIn今日は古い友人で韓国では英語教育の第一人者として有名なMin Byoung-chul氏と会い、最近の各国の英語教育事情と彼がここ数年取り組んでいる韓国のサイバー暴力について話を聞いた。

英語教育に関しては、今韓国で受講者が急増しているのが、Phone English、すなわち電話での英語レッスンだそうである。PCを通して学ぶコースもあるが、やはりPCを立ち上げるという作業が障害となって意外と続かない。それに比べると、先生から携帯電話にかかってくるレッスンは長続きする、ということである。韓国の英語熱は相変わらず高いが、事情は若干日本と似ていて、管理職層の英語力の低さはやはり大きな課題である。Min Byoung-chul氏はこう分析する。「日本人と韓国人は英語に関して、同じ課題がある。それは、意見を自由に言わないという文化が英語習得にネガティブに影響している。その点、同じアジアでも中国人は、言いたいことを主張するから、英語の上達も早い。」



サイバー暴力に関しては、ここ数年韓国の有名人の自殺が相次ぎ大きな社会問題になっているが、背景としては、韓国では、年長者や上司に直接異議を唱えることがしにくい社会で、その結果、バーチャルな世界でその不満をぶちまけているという側面があるらしい。

Min Byoung-chul氏は、SUNFULL「命を大切にする考え方生命」運動を立ち上げている。今、日本との連携運動を模索中で、賛同者を募集中である。



写真左が、Min Byoung-chul氏。韓国では知らない人がいないほどの有名人である。



kazukon at 00:05

異文化を感じた『礼儀正しい』韓国の結婚式

2009年12月20日
Maya3
Maya昨日、ニューヨーク大学のJex氏の娘さんのMayaさんが韓国で結婚式を開きお招きを受けて参加してきた。

伝統的な結婚式で300人くらいの祝福を受けて新郎新婦は本当に幸せそうであった。韓国の結婚式は日本とかなり様子が違い、それほど形式ばっていない。スピーチや友人によるパフォーマンスや二人のビデオなどを流すこともなかった。韓国人の皆さんは礼儀正しく、情感に溢れ、日本から来た私達も温かく迎えてくれ嬉しかった。

夜はパブで主に若い友人達のパーティーがあったが、そこでもたくさんの人たちが日本語で話しかけてくれた。日本のアニメが好きな人が多く、アニメが日韓交流に役に立っていることがわかった。















kazukon at 09:22

ニューヨークでパーソナル・グローバリゼーションを起こした人達

2009年12月19日
DSCF2046(2)
先週ニューヨーク大学のDr. Jexの来日に合わせてGlobal Certificate(Mini-MBA)の修了生が集まった。直前のご案内で忘年会とぶつかり参加できない方も多かったが、古くは10年前からそして最近帰国した方まで集まってくれた。



いつも思うのだが、この短期間(4ヶ月)のコースは、単にグローバルスキルや英語力アップという効果以上のものがある。



私が企業向けの海外研修プログラムの開発・運営にかかわって23年になる。その間様々な経験をつんできた。そして、プログラムの成功要素は、学校、場所、参加者の人選と本人の思い、事前研修、カリキュラム、滞在先などいくつかの重要事項があり、その化学反応が成功を左右させるのを肌で感じてきた。



ニューヨーカーは、『ニューヨークはアメリカではなくニューヨークなのだ』、と言うが、本当にそう思う。グローバリゼーションのポジティブ・ネガティブ両面が人間の欲望と絡まりあって、双方がまったく妥協なくぶつかり合っているのがニューヨークという街の原点のような気がする。

その刺激たるや、日本ではもちろんのこと、他国の他都市でも味わうことが出来ない強烈さがある。



だから私はニューヨークが好きであるし、今回集まってくれた同窓生も同じような思いがあるのだと思う。



日本企業にとってグローバル人材育成が待ったなしの状況にある。

そこで、各企業はMBA(2年間)派遣を休止し、英語力はそれほど高くなく、GMAT(ビジネススクールが大卒者の経営的資質を評価する試験)も最高得点は取れないが、人間力が高く、夢も思いもあり、会社と仕事をこよなく愛する若手(20代後半から30代中心)のグローバル人材化に着手している

グローバリゼーションに適応すべく、より多くの人材を面展開させることで組織の活性化に取り組み始めている。



その渦中において、今回の集まりでニューヨーク大学のGlobal Certicateというプログラムが、参加者のマインドセットをグローバリゼーションに適応する方向にポジティブに影響できたことを再確認できたのは私の自信に繋がった。

人選について、クライアントに強く要望してきたことも成功につながったのだと思う。やはり、どんなによくできたプログラムでも人選を誤ってはうまくいかない。



2001年は、このプログラムを企業からの派遣だけではなく個人として自分をグローバル化(パーソナル。グローバリゼーション)したい方々にも紹介していく方向で動き始める。また、アジアにおいてもこのようなプログラム開発を進めて行きたい。



昨日から零下12度のソウルに来ている。昨晩レストランまで15分歩いたが、肺の中まで凍りつき痛みを感じた。



また、こちらのレポートをさせていただく。

















kazukon at 15:41

一足早い紅白歌合戦

2009年12月17日
三略会5


日曜日に最近私が会員になった三略会の紅白歌合戦に審査員として参加した。

感想は一言、『すごい!』である。三略会は橘三朗氏が主催する経営者の勉強会であるが、11時から7時まで休憩なしに繰り広げられる歌と寸劇は、プロ顔負けのものもあり、すっかり楽しんで帰ってきた。脚本、演出、司会を見事にこなした橘氏は不思議な魅力のある人物である。



席がステージのまん前であり、出演者である社長の表情が良く見れた。特に50代、60代の経営者の顔に闘い続けてきた人生が刻み込まれているのが見て取れた。

それにしてもみんな本気だった。やはり社長のパワーもあるのだろうが、不景気をぶっ飛ばす勢いがあった。日本の社長なかなかやります!

三略会

三略会4





三略会2

三略会1
三略会3

















その橘三朗氏が、11月に産経新聞に以下を弊社の紹介として掲載してくれた。

橘氏に始めてお会いした時に、自分はシャンソンが好きで、安井かずみと岩谷時子に憧れてフランス語を学んだと言われていた。二人は私も好きな作詞家であり共感を覚えた。なかなかのロマンチストである。安井かずみさんも他界し、元ご主人の加藤和彦さんも亡くなってしまいとても残念である。



私は君子とは程遠く過分なお言葉であるが、短いインタビューで私の本質に近い部分を見出してくれたのには驚いた。



===========================================

『究極の人材育成プログラム「易に居りて以って命を俟つ」が如し』

===========================================



(中庸)に「君子は易に居りて以って命を俟つ。小人は険を行いて以って幸を徼

む」とある。つまり、君子は自分の職責を淡々と果たした上で、結果は天命に委ねる。小人は危険なことに手を出して、幸運を期待する、という意味で、プロであることの自覚と自己責任を説いた名言だ。企業も創業はたやすい。いかにして継続し成長するか。それは「易に居りて以って命を俟つ」が如き覚悟と精進次第だ。

グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ(代表取締役・布留川 勝氏)は、「グローバル&自立型人材育成」をテーマとして、企業や組織の人材育成課題に取り組んできている業界白眉。2000年12月の設立以来、明確なビジョンと潤沢なリソースを活かし、ニーズに合わせたオーダーメイドで、顧客企業のグローバル人材戦略を支援してきたことこそ、その信頼の原点であり着実な成長の基軸でもある。世界中の教育プログラムと企業、団体、個人の学習ニーズを結びつけ、グローバルに活躍する人々の能力開発を促進。それは企業が厳しい環境下で生き残りを賭けてグローバル化を画る今、まさに時代の趨勢を得た領域と言えよう。ゆえに同社は「易に居りて以って命を俟つ」が如く、自らの職責を誇りとし、たゆむことなく先進の知識と情報を研鑽しながら、21世紀への挑戦に余念がない。人材育成のプロフェッショナルならではの目と感性を磨き、その究極のプログラムを提供して高い評価を培っている。



kazukon at 16:38

コラボレーション型リーダーを育成する

2009年12月04日
GMM


一昨日、G研43回を開催した。講師には、森和成氏をお招きし、コラボレーション型リーダーの育成について、ワークを交えレクチャー頂いた。



森さんの特徴は、その巧みなファシリテーションに加え、コース開発力である。

5年前から、弊社の講師としてご活躍いただいているが、コンテンツはどんどん改良されている。

リーダーシップ、コミュニケーションの分野を広くカバーし、人材・組織開発のコンサルタントとしても能力を発揮されている。



最近コンサルタント出身の講師の方が増えてきているが、森さんもアクセンチュア出身であり、カスタムメイドも得意である。



今回は、「コラボレーション型リーダーの7つの視点」という、関係性構築のフレームワークをご体験頂いた。

森さん自身の実務経験を基に体系化したフレームワークであり、実際にご自身も業務・プライベート両面で実践し、成果を上げているものである。



そのため参加された方々にも納得感があった。

参加者のお一人からは次のようなコメントを頂いた。



「捉えどころが難しいテーマをそれぞれ具体的に落とし込める形で話を頂き、大変興味を持ちました。」



これがまさに森さんの特徴だろう。



ちなみに当日は日本テレビから、森さんのご自宅のクリスマスイルミネーションの取材が入り、セミナーの様子も撮影された。放送日は、以下である。

家の紹介なので講師のパートがどの程度放送されるかわからないが、お時間が合えばご覧ください。



チャンネル : 日本テレビ

番組名   : 秒ヨミ!

放送日   : 12月20日(日) 12:45~13:25



写真は研究会当日の模様

kazukon at 19:13

ダイバーシティコミュニケーションーLAC-I (ラクアイ・楽愛)

2009年12月03日
DC F


ダイバーシティコミュニケーション力とは、



『自分と相手双方の効果性・生産性を高めるために、多様性(3C2G)にレバレッジ(梃子)をかけて主体的に働きかけるコミュ二ケーションスキル』と定義している。



ダイバーシティコミュニケーションの基本は、以下の4スキルであり、それぞれのスキルの頭文字をとってLAC-I(ラクアイ・楽愛)と命名した。



Logical Communication

Assertiveness

Cross-cultural awareness

Improvisation




鳩山総理は、友愛を掲げているが、楽愛は、自分と違う価値観・感性・視点を持つ人を楽に好きになれる、というニュアンスである。



G研43回で、弊社ディレクターの福田聡子がこのコースのデモンストレーションを行った。



当日は、Improvisation(インプロビゼーション)とCross-cultural awareness(異文化間コミュニケーション)のワークを使って体験頂いた。



非常に単純で楽しいワークであるが、自分自身のコミュニケーションに関する思い込みやクセがあっという間にわかる仕掛けである。



ダイバーシティコミュニケーションの活用方法としては、以下の4つの設定を想定している。



*経営企画:異なる視点を取り入れ、新しい戦略を生み出す



*マネジメント:多様な人材を束ね、モチベーションを引き出す



*営業:多様な顧客との関係構築に



*研究開発:多様な人材との対話による創造性→イノベーション




今年は、ダイバーシティを優先順位の上位に上げてきている企業が急増している。



詳細については、ぜひお問い合わせいただきたい。



写真は当日の模様。

kazukon at 09:10

チャイナパワー

2009年12月02日
先日NHKスペシャル『チャイナパワー 巨龍アフリカを駆ける』を見た。中国人プロジェクトメンバーのエネルギーと仕事へのコミットメントが溢れ出るインパクトのある映像だった。

このエネルギーとコミットメントの希薄さが、今年多くの日本企業で課題となっている。



番組の内容を簡単に解説すると、エチオピアで、一国の携帯電話システムの整備をすべてひとつの中国企業が引き受けている現場のドキュメントだ。



巷に喧伝されてはいるが、この映像でグローバル経済の勢力地図がものすごい勢いで変わりつつあることを再確認した。



キーワードは、やはり『人材』である。



中国のエリートIT技術者は、現地で水道の水も出ない部屋で暮らし、エチオピア人に中華料理を教え、その丼飯をかきこみながら、自分の仕事に誇りを持って仕事に励んでいる

一言でいえば、イキイキとし自立している。やらされ感が漂ってこない。





そんな人材は中国本土でどんどん育成され、日本人にとっては劣悪な環境の仕事場でも、月収は12-3万円で働き手はいくらでもいる。投資は政府が全面的にバックアップする。まるで高度成長期の日本である。



他国とは桁違いのマンパワーを持つ中国企業にとっては、こうしたアフリカの一国での成功事例をもとに今後どんどんそのテリトリーを増やしていくのは間違いない



かたや日本企業においての直近の課題は、新興国へ派遣する人材の確保と育成である。この人の問題(グローバルマインドとスキル)はシリアスであり、このSCM(サプライチェーンマネジメント)がうまく回らないと、あっという間に、日本企業はネクストマーケットの負け組になりかねない。

G Y




その中国人といかに協働していくかをテーマに、11月24日に吉村章氏をお招きして、G研「現役ビジネスパーソンによる中国ビジネススキルアップ指南!」を開催した。

タイムリーなトピックであり、多くのご担当者にご参加いただいた。



近日中にホームページ上にて報告させていただく。



写真は当時の模様。



kazukon at 10:15
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら