布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2010年04月

Out of the Box Thinkers

2010年04月22日
FPH



























先週の金曜日に1年間のグローバル人材育成コースが修了し役員、幹部へのファイナルプレゼンテーションがあった。

プレゼンテーションの内容はビジネスモデルの提案が主であったが、アイデアが斬新でユニークであった。

いわゆるOut of the Box Thinking(固定観念を捨てて自由に発想しよう)的アプローチが多かったのが新鮮であった。



斬新でユニークなアイディアであるために、一見現実味のないようにも取られがちだが、これらのアイディアが3年後、5年後のスタンダードにならないとも断言できない。



懇親会では、取締役 事業部長のF氏が自ら発表者ひとりひとりにその発想力について声を掛けられ、1年間の努力をねぎらう姿も拝見し伝統のある日本企業の社員への温かさを感じた。



この企業は幹部から事務局まで一貫してグローバル人材育成へのコミットメントと支援体制が強固である。そして更に独自の戦略に基づいた育成計画があり、実行までのスピードが速い。これは当然のようであるが、なかなか決断ができず実行まで時間がかかる企業も多い。

高速グローバリゼーションに適応できるか否かはFast eats Slow(早いものが遅いものを食べてしまう)の原則に左右される。





こちらの企業では今回で4期目のグローバル人材育成コースが修了したが、本研修の社内での認知度や波及力がとても大きいと伺っている。



今回のファイナルプレゼンテーションにも過去3年間の卒業生が観客として参加しており、それぞれ鋭い質問を投げかける場面があった。

研修修了後でも、引き続き自己鍛練に励んでいる様子に感銘を受けた。



基本的に上長の推薦で受講生が決まるが、中には評判を受けて自ら志願してくる受講生も年々増えている。

また、研修内で紹介するスキルや考え方(例:アサーティブネス、メインポイントファースト等)が社内の共通言語として広がり始めているとも伺っている。



来月からは5期目がスタートし、こちらの企業ではこれで100名近くが本コースを受けたことになる。

年々改良を加え、横や縦のつながりを強めながら進んでいく本研修は、個人のグローバル人材化はもとより、組織力の強化という面でも、貢献できているのではないかという印象を改めて感じたファイナルプレゼンテーション発表会であった。



(写真はプレゼン後の懇親会にて。全員プレゼンの緊張から開放され満面の笑顔!)

kazukon at 18:40

鉄は熱いうちに

2010年04月17日
KM

















鉄は熱いうちに打て」、ということで今年は新入社員への『パーソナル・グローバリゼーション(個のグローバル化)』と『右脳型英語学習法』ワークショップや講演の依頼が多くなっている。



入社直後から、グローバルマインド、英語自己学習力やグローバル化へのモチベーションを高めることでグローバル人材育成を促進するのだ。



グローバル事業でのリーダーシップ発揮を突然要求されている幹部社員ほどの真剣度はないが、大手企業の新入社員の多くはグローバルビジネスにも興味があり、

これから約40年間のキャリアにおいて、自分のグローバル化が避けられないことはおぼろげながら感じている。

そして、優秀で先を読める(ビジョナリー)な人材ほど反応し、積極的に取り組んでくる。



このブログでも何度か述べているが、そうした新入社員の中でも特に中国人、インド人や韓国人などアジア諸国の新入社員の真剣度はとても高く、積極的に発言してくる。

数で多いはずの日本人新入社員の存在がかすむことすらある。



たちあがれ日本」が新党として動き始め、応援団長の石原慎太郎都知事は、若者にエールを送りながらも苛立ちをを隠せない。

新興国の若手人材の情熱や知的好奇心の強さと比べ、財政破綻や少子高齢化で先の見えない日本の危機に直面しても「誰かが何とかしてくれるだろう」「とりあえず今の人生に満足している」という姿勢の若者には内心忸怩たる思いがあるのだろう。



とはいえ、実態は中高年がみな危機感に燃えて日本のために何かを起こそうとしていて、若者がそうではないというのも事実とは違う。

どの時代にも「今の若いやつは。。」という風潮はある。



インターネットも英語も高いレベルで使いこなし、ビジネスのやり方や技術情報を貪欲に学ぶ新興国の低賃金の若者人口が膨張するなか、5-10年後のさらに進んだグローバリゼーションのなかで日本の若者がグローバル労働市場でエンプロイヤビリティ(雇用されうる能力)が高い人材になるために今何をすべきなのか?



こうした問いに、入社して間もないまだまだ熱い時期に、真剣に向きあい、語り合う場があることで、

それぞれ自分なりの個のグローバル化に向けて火がつく。

5~10年後にはこの中からグローバルビジネスにおいてリーダーシップを発揮する存在感ある人材が出てくると信じている。



(写真は大手精密機器メーカーでのパーソナル・グローバリゼーションワークショップの様子)

kazukon at 17:16

高速グローバリゼーションと低速グローバル人材育成

2010年04月16日
Lecture


先週大手製薬企業の研究開発部門において『グローバリゼーションとグローバル人材』についての講演を依頼いただき私見を述べさせていただいた。



内容としては、以下の3点である。



1)グローバル企業において人材獲得戦争(War for Talent)がおきている背景。



2)新興国低賃金人材が急激にグローバル化している事実とそのことが日本人など高賃金でグローバル化していない人材への脅威になっていること。



3)グローバル人材の定義と自分をグローバル化する方法



日本企業において毎日日本人と日本語を使い阿吽の呼吸で仕事をしている人たちには絵空事のような話に聞こえるかもしれないが、昨今企業の幹部はそれが決して自分と無関係ではなくなってきたことを日増しに感じ始めている。



グローバリゼーションの進展は超高速である。しかし、自分のグローバル化は時間がかかる。この時間差を読めないとあっという間に取り残される。



写真は当日の様子。

kazukon at 12:19

来年の桜が咲く頃には

2010年04月10日
your song





















今日は市ヶ谷でグローバル人材育成研修(1年間)の2回目を開催している。14名の仕事はできるが英語が苦手な魅力的な人材が揃った。

私の『パーソナル・グローバリゼーション』パートは終わり、午後は弊社福田聡子が講師を務める

右脳型英語学習法』(写真上)が始まったのでオブザーブしながらこのブログを書いている。





71c406db.jpg研修会場のホテルからは満開の桜が見える。

来年の桜が咲く頃には14人が誰も落伍せずグローバルで通用する人材になる。







英語で堂々と自分のビジョンや会社の戦略を語り、海外出張すればローカル社員に共感を持って迎えられる。若手の部下からは、国内でもグローバルでも存在感のある彼らのような人材にになりたいという存在になる。



メンバー全員の積極的に取り組む姿勢を見ながらそんな映像が私に浮かんだ。



kazukon at 18:26

Can "Nice Girls" Negotiate? (from Harvard Business School)

2010年04月08日
Lynton昨日ハーバードビジネススクール(HBS)のLynton Hayes氏(Executive Director)が来日されていたので最近のエグゼクティブエデュケーションの情報交換を行った。Lynton Hayes氏とはもう10年以上のお付き合いであるのでいつも仕事からプライベートの話まで会話が弾む。彼は今ボストンとオーストラリアのパースを行き来しながら、世界中の企業のエグゼクティブ教育のコンサルティングを担当しているエキスパートである。私は彼からいつも世界中の動向を学び情報をアップデートしている。また、私からは国内の管理者教育の現場について私からの視点を提供させていただいている。そういう意味では、ハーバード流交渉術のWin-Winの関係である。



こちらに今日届いたHBS@work(HBSのニューズレター)からの一節をご紹介する。





********************************************



How to Size Up a Negotiation



Quantifying each negotiation point in context of your overall goal is crucial. In most negotiations, people enter with pre-determined positions and then in the process allow emotion to override logic. Having the discipline to assess and quantify the facts beforehand helps one to maintain rationality and perspective.



『交渉の状況をどのように評価するのか?』

全体的な目的と照らし合わせながら、交渉のポイント、ポイントを定量化することは極めて重要だ。

ほとんどの場合、人は予め定めた立場を持って交渉に臨むが、往々にしてプロセスの途中で、ロジックは感情に覆されてしまう。事実を定量化し分析するという、規律を持っておくことが、理性を保ち、全体観を持って交渉して行くうえで役立つ。





Can "Nice Girls" Negotiate?

Women lose money when they don't ask for higher salaries, but may hurt their careers when they do. When men ask for something, they are being proactive; when women ask, they are being pushy. It's a double standard to be sure, but it's also a double bind?if they don't ask, they don't get; if they do ask, they may be shunned.



『「素敵な女性」は交渉できるのか?』

女性は、より高い給料を要求しなければ、お金を失う。が、しかし要求するとキャリアに傷がつくかもしれない。男性は、何かを要求する人はプロアクティブだとみなされる。しかし女性が要求すると厚かましいとみなされる。これはダブルスタンダード(二重基準)であることは間違いない。が、要求しなければ得ることはない。要求すれば敬遠されてしまう。これはダブルバインド(二重拘束)、すなわち行き場がないということなのか?



********************************************



ユーモアたっぷりだがとても示唆に富んだこれらの言葉は、まさにエグゼクティブ教育の顔として活躍されているLynton Hayes氏のスタイルとも重なる。



HBSとのG研は今秋を予定しているが、今からとても楽しみである。



写真はLynton Hayes氏と弊社福田聡子と私。



kazukon at 15:38
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら