布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2010年12月

年末のご挨拶:2011年はセルフエンパワーメントだ!

2010年12月31日
PGモデル今日で2010年も終わりである。1年が本当に早いと感じるのは年のせいだろうか?

いや、そうではなく「グローバル人材育成」という仕事に没頭してきたから、と思うことにする。

私は2011年はセルフエンパワーメントの年であると考える。

セルフエンパワーメントとは、私が提唱している「グローバル人材の定義」である2つのOS(ビジョナリーシンキングとセルフエンパワーメント)3つのアプリケーション(コミュニケーション、ダイバーシティ、グローバルイングリッシュ)のひとつの要素であり、一言で言ってしまえば「自己強化力」である。



仕事柄多くの成功者とお会いすることが多い。彼ら彼女らをよく観察していると共通点がある。それは、人生の中であらゆる機会を使って自分自身を高めていこうという姿勢や視点が自然に身に付いていることである。



起業家や企業のトップになる人は実は研修嫌いが多い。彼ら彼女らは毎日の生活のあらゆる出来事で何かを感じそれを自分の糧にしてきているから、研修などというものはまどろっこしいものなのだ。



しかし、組織というものはそういう人材だけで構成されているわけではないから人の育成は重要なのだ。2000年の12月に起業以来、確実に自らを自立させグローバル人材化させた人たちとの出会いがあり、そこにいくばくかでも介在できたことに感謝している。



現代は混迷の時代だと言われる。しかし、それが本当なのかは時を経ないとわからない。いつの時代もそんなことをいうものだ。



話は戻るが、いずれにしろ2011年という区切りのいい時代に「自己強化力」というマインドとスキルを楽しみながら苦しみながら身につけようではないか、とこの年の瀬に感じた次第である。



本年は本当にたくさんの方々から勇気を頂きお世話になった。

ここに心からお礼を申し上げたい。



それでは、皆さまの2011年が素晴らしい実り多き年になりますよう祈願し、本年最後のご挨拶とさせていただく。よいお年をお迎えください!

kazukon at 13:52

グローバル3(スリー)が会社を引っ張っていく

2010年12月28日
このブログでも何度も紹介しているコア人材向けの約1年間のグローバル人材化研修だが、改めてその力を実感できる報告があったので、皆さんと共有したい。



同研修を始めて今年で、6年目に入った自動車部品メーカーでの

第三期卒業生による一年ぶりの同窓会の話だ。



担当コーディネーターの近藤によると、彼が米国出張中に、

この同窓会の幹事である第三期生の一人であるYさんから案内メールが飛び込んできたそうだが、

その後日本国内各地で活躍するメンバーはもちろん、中国、メキシコからも続々と返信が入るその様子はまさに壮観だったそうだ。

さすがに日々多忙を極めるマネージャー層だけに当日参加出来たのは約半数だったそうだが、

それでも一時帰国中のメンバー含め、各部門・各拠点の第一線で活躍しているメンバーだけに、

今担当しているプロジェクト、これからの海外展開、異文化体験や研修での思い出話など大いに盛り上がったそうだ。



その一人N氏はこの研修参加までパスポートを取ったことがなかったが

今は新興国を中心に各国を飛び回る様子をイキイキと語り、

またT氏からは研修について次のようなコメントをもらったそうだ。

「この研修は今まで受けてきた様々な研修の中で最高でした。

(主任講師の)ドハティーさんの研修はICレコーダーに録音してあるので、

今でも原点に立ち返って考えたい時は聞き直しているんですよ。

内容自体は別の研修や本でも読んだことのあるものもありますが、

やはりドハティーさんの魅力でしょうか、何度聞いても勉強になります。」



そして幹事のY氏は

「これだけの仲間が各部門にいて、何かあれば電話一本で相談出来る。

近藤さんには申し訳ないですが、(英語力などの向上よりも)

そんな仲間が出来たことが私にとっての一番の成果です。」



これはまさにこのコア人材向けグローバル人材化研修のねらいのひとつだ。

コア人材同士ののチームビルディングともなり彼ら、彼女らが組織を変えていく。



以下4つの要素の掛算により化学反応が起き成功を生み出すのだ。



「自分達の仕事に誇りを持ち周囲からの人望もある優秀な参加者」

「参加者をモチベート出来、ロールモデルとなるような講師陣」

「参加者の知的刺激を促進するプログラム」

「研修をなんとか成功させようと熱い思いを持った経営陣・事務局・コーディネーター」





彼らはグローバル研修の第三期、ということで通称「グローバル3(スリー)」と呼びあっているそうだ。



次世代のリーダーとして彼らの話しを来年も聞けるのが楽しみだ。



そして3人の子供たちのパパでありながら休日返上での参加のコンちゃんお疲れさまでした。

kazukon at 20:35

Merry Christmas!!

2010年12月24日
森さん


昨日毎年恒例の弊社パートナー講師の森和成氏邸でのクリスマスパーティーに弊社スタッフとお邪魔してきた。



毎年100名を超える参加者であり、子供からお年寄りと犬までがお昼から夜中まで飲んで食べて近辺の森を探索して年の瀬を楽しんだ。



さすが森さんと思ったのは、子供たちにはケーキ作りのプロジェクトを与え、お子さんの大和君(写真中央)とそのお友達はチームビルディングとリーダーシップを体感したことだ。子供とは思えないほど動きが良かった。



写真のデコレーションの家が森邸だ。すべて森さん作であり、家の正面のがんセンターに入院中の患者さんもクリスマスを楽しめるのだ。昨年はその様子と患者さんたちの感謝されている様子がTV放映された。



森さん&奥様、Very Merry Christmas!!

kazukon at 11:26

カーネギーメロン大学のアジア展開と日韓英語事情

2010年12月22日
CMU


先日Carnegie Mellon UniversityAsia Collaboration Program DirectorのJohn Kang氏(写真中央)と、Director of Embedded Software Engineering ProgramのAnthony J. Lattanze氏(写真右)が来日した。

 

ご存知の通り、Carnegie Mellon University(以下CMU)は全米トップ大学として毎年上位にランクインし、全米屈指の工科大学である。私がProgram Directorを務めるCMUと当社はパートナー関係にあり、過去10年に渡って最先端のエンジニアリングやソフトウェア開発スキルが習得できるプログラムを実施してきた。



今回の来日は、当社の法人顧客に向けて、当社とCMUが新規で共同開発するプログラムを提案する為に実現した。この新規プログラムの特徴は、システム開発の知識とマーケティングの知識を融合させ、従来のシステム開発者が経営面から、組織をリードできる人材に育成することが可能である。

また、ご要望に応じてプログラムは大幅にカスタマイズが可能であることも利点だ。ただ、このような先端のプログラムの実施において、最近改めて浮上してきた課題がある。それは、CMUや最近弊社とパートナー関係にあるビジネススクールから頻繁に相談を受ける日本人の英語力である。そこには他国の競合企業から後れを取る日本企業が早急に解決すべき課題がある。



CMUが現在実施しているシステム及びソフトウェア開発プログラムは、多くの企業にて導入されている。例えば、SamsungやLGなどの韓国企業では、同プログラムは全て英語で実施されている。これらの企業のエンジニアには英語ができないという選択肢がない。そこまで徹底されている。入社試験の時点でグローバルスキル(韓国ではスペックという表現が一般化している)を雇用の基準として掲げている。英語力に関してはにTOEIC900点以上という高い基準を掲げている。



一方で、日本のグローバル企業の多くは英語力の関係上授業には同時日英通訳者をつけざるを得ないという実態がある。コスト面においてもコースのスピードにおいても大きな課題がそこにはある。





昨今管理職の昇進時や入社試験に英語力の基準を設けるかどうかの議論が日本企業において活発化しているが、欧米先進国はもちろん、ASEANにおいてもすでに終了している議論である。

これらのグローバル企業では、英語力ではなく、グローバルビジネスで発揮できる戦略、リーダーシップ、コミュニケーション力、ビジョンなど必須項目をグローバリゼーションの進展に合わせてプログラムのアップデートが行われている。



このブログでも繰り返し警鐘を鳴らしているが、多くの日本企業では、グローバルスキルを持つ人材の確保に向けた対応策が後手後手に回り、グローバル対応力が備わっていないのが現実である。



今回のCMUとの会議においては、グローバル企業のエンジニア研修の最新情報を得ることができた。そして同時に日本企業と日本人のグローバルスキルと英語力の課題が改めて浮き彫りになった。

kazukon at 11:18

『彼らはグローバルとなって帰ってきた!』

2010年12月13日
Globalman3月にスタートしたグローバル人材研修が先週無事修了した。左のポスターはこの日のために制作され全国の社内で貼られた

当初は英語の研修になぜ自分が?という方々であったが、終了してみるとこの研修がグローバル人材の育成であって英語研修ではなかったことを認識できたとのコメントが目立った。

この1年で学んだことは英語だけではなく、リーダーシップ、自己強化力、右脳左脳の思考力、インパクトのあるコミュニケーション力、多様な価値を持った人との協働力である。

社長、役員や上司が見守る中、そして全国の支店にも実況中継された英語でのプレゼンテーションは見るもの皆を感動させた。各部署のリーダーを集めた研修だけに、超多忙の中毎月二日間の研修はかなりの負担であった。また、人物重視で集めた人材だけに英語力は決して高くなかった。初日に聞いた英語はほとんどの人がほとんど理解できなかったはずである。

DSC03268


14名のプレゼンテーション後の雄姿が右の写真だ。社長や役員からの英語の質問にも見事に対応した。私にも次々に挨拶にきてくれいかに自分が変わったかについて語ってくれた。研修会社としてこんなに嬉しいことはない。



下の写真は社員食堂で開かれた慰労会で社長から修了証受け取る場面である。社長も本当に喜んでいただいていた。もう誰をどこの国に派遣するかも頭の中でイメージされたのかもしれない。写真の右側で満面の笑みを浮かべるのは海外事業本部長兼米国法人社長である役員のH氏。

弊社コーディネーターの大貫よりこの日の2次会3次会はH氏を先頭に皆さん燃え上っていたとの報告あり。

そのころ私は会社で企画会議であった。参加できず残念!


Howasan




kazukon at 15:14

グローバル人材育成は1年にしてならず

2010年12月08日
FP Onuki先日グローバル人材育成1年コースの経営陣に向けてのファイナルプレゼンテーションがあり、私も参加してきた。この企業ではこのプロジェクトが今期で4期目である。毎年内容もますます磨きがかかってきていて、経営陣の鋭い質問にも説得力を持って答えることができていた。



良き昭和の香りを残すこの企業にとっても急激なグローバリゼーションの中、グローバル企業としての組織と人材の開発は急務である。そんな中、将来を嘱望される若手の幹部候補人材(毎年平均15名)がこのコースを修了していく状況は、1年で60名の育成は非現実的であることを鑑みると現実的かつ理想的である。



グローバル人材育成を組織として面展開することは「言うは安し行うは難し」であることは、現場にいる私には痛いほどわかっている。



実際多くの企業が必要なことは分かっているが、方向性を決めきれずに、中途半端な英語研修と異文化コミュニケーションをパッチワーク的に取り組むところで足踏みしている。先進国と新興国企業の猛烈なグローバルマーケットシェアの拡大が日々進む中、海外の現場で戦う人材の育成をどうしていいかわからずに立ちすくむ日本企業にはけたたましい警鐘が鳴っている



トップの明確なビジョンと人事部の企画運営と熱意に支えられ、毎年試行錯誤を繰り返しながら実践したこのプログラムは参加者だけではなく周囲の社員にもポジティブな影響を与え、「内なるグローバル化」も促進してきた模様である。



今年も最後までやり遂げた16名の皆さんと経営陣の思いに満ち溢れた現場を共有できたことは幸せであった。



(写真はプレゼン終了後の懇親会の模様。社長から全員が修了証を受け取り、満面の笑みを浮かべた会長と社長に挟まれた記念写真も撮られた。温かいひと時であった。)

kazukon at 10:46

ROP「極寒」バーベキュー

2010年12月01日
POP BBQ



























極寒の中、先週弊社オフィスのあるROP24階のルーフテラスでグローバルトレーニングで1年間頑張ってくれた仲間で集まって『お疲れ様』バーベキューパーティーを開いた。本当はもっと早く開きたかったのだがゲストのみなさんの都合の関係上遅くなったしまった。ダウンジャケットを着込んで臨んだせいかそれほど寒くなかったので、2時間ほど頑張って、2次会はオフィスで続行。私は飲みすぎていつの間にか机の横で寝てしまったが、外国人講師陣と若いスタッフは元気いっぱいであった。

kazukon at 15:17
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら