布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2011年09月

上海と東京

2011年09月25日
M on the bund
今週は上海に来ている。最近は半年に1度のペースで来ているが、驚くほどのペースで街が洗練されてきている。エネルギーに満ち溢れ、ヨーロッパの高級車が急増し、5スターホテルの駐車場でステータスを競い合っている。

世界中の起業家にとって、これほど魅力的な街はない。起業家は退屈さに耐えられないのだ上海のビジネスピープルは、多国籍でリスクテイカーで、話は夢を持ってどんどん前に進む。先送りは厳禁だ。そして上海ビジネスの住人はビジョナリーで、自分の成長に貪欲だ。

上海に来てわくわくしている私であるが、東京生まれ東京育ちとして忸怩(じくじ)たる思いもある。
ビジネスを始めたい場所という視点で見ると、やはり上海に軍配があがる
別に法人税が高いとかそういう無機質なたぐいの話ではない。エモーションの問題である。

残念なことに、東京は自分の本当の魅力を自覚していない都市なのだ。上海では到底味わえない「起業家を魅了できる奥の深さと質」があるというのに。
そして、日本人ビジネスパーソンも同様だ。実は本人が日本社会では当たり前すぎて気付かない匠の技を持っているのだ。このことは別の機会に書きたい。
それなのに英語力だけあげれば『グローバル人材』などという幻想が闊歩するは嘆かわしい事態だ。

私としてはとにかく自分にできること、『人と組織のグローバル化』で東京を応援したい。

今回いくつかのコーポレートトレーニングの組織とパートナーシップの話し合いを持った。年内には、コンセプトを固めて、G研(グローバル人材育成研究会)で皆さんのご意見を伺いたい。

kazukon at 00:14

赴任前研修再考:「行けば何とかなる」は幻想になった

2011年09月06日
先週G研第69回を開催した。天気予報では台風が近付いていたが、多くの方々にご参加いただき中身の濃い有意義な会だった。
私のパートでは、「再考:赴任前研修」を取り上げた。ここ数年日本企業の新興国現地法人で赴任者の評価の低下が著しい。これは構造的には日本人の能力の低下というより、ローカル社員のハイスペック化が起因している。すなわち、日本人と新興国社員の間には「賃金差大・能力差小・逆転」現象が起き、そのことが日本人赴任者への不信感へのつながっているのだ。だれでも、給料が高くて能力が低い人には不満を持つ。

しかし、そんな状況においても日本企業の赴任前研修はそのスピードについて行っていないのが問題である。今でも、赴任直前3日間研修で現地に赴く。「行けば何とかなる時代」は終わっているのにだ。

私は今回その対策について述べ、各社の課題についてグループワークをしていただき今後の方向性についての再考する場を持たせていただいた。

G69F

G69Mall

そしてパート2のゲストは弊社のパートナー講師の松浦恭也氏に初登壇いただいた。松浦さんはロンドンPWCで戦略投資コンサルタントとして活躍し、当時外部コンサルタントとして企業の事業再生に熱い思いで取り組んでいた。そして今も変わらない熱い思いを持って事業提案を通して次世代リーダーの育成に取り組んでいる。
松浦講師の熱い思いとグローバルで培われたナレッジは研修を通して受講者へと引き継がれている。その思いとナレッジに後押しされ、研修内で策定した事業提案が実際に事業化したこともあるほど、完成度の高い提案が仕上がる。

松浦講師の過去の実際のグローバル事業提案型研修の結果についてのコメントが印象的であった。「受講者には大変厳しい研修である、しかし、この研修を本気で取り組み、やり遂げた方はその後リーダーとして抜きんでている。もちろん、事務局サイドでリーダーになってほしい人材を選定している背景があるが、研修を通してグローバルでの現場を自分の目で見て、消費者の声に耳を傾け、経営者視点で実現可能な提案を模索することでリーダーとして大きく成長していくように思える。」

やはりリーダーには「鳥の目」と「虫の目」両方兼ね備える事が必須要件だと改めて感じた会であった。
kazukon at 09:59
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら