布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2012年04月

謝っても許してくれないから謝らない

2012年04月26日
PG G4月は新入社員研修ラッシュであったがようやく落ち着いてきた。左の写真は関西で行った新入社員グローバルマインド研修の一コマ。さすが関西、ノリノリであった。明日から2日間は、湯河原で弊社の社員研修である。今回は、新人も多いので、「仕事とは?」を中心にみんなで話し合う予定である。

さて、タイトルの「謝っても許してくれないから謝らない」は、異文化コミュニケーションの話である。今月の新入社員研修で、講演後に、私のファシリテーションで3名の先輩社員に来ていただきパネルディスカッションを行った。国籍はバングラディシュ、ベトナム、日本である。それぞれ独自の視点で、自分なりの異文化体験やグローバルな環境で働いたエピソードを披露していただいた。

その中で、私が印象的だったのは、ベトナム人の女性社員の話だった。彼女は8万円だけ持って来日し、ラーメン屋などでアルバイトをしながら、何とか生活費を稼いでいた。ある日そこの店長からちょっとしたミスについて怒られたそうである。ただ、ベトナムでは、そういう場合謝っても許してくれるわけではないので、謝らなかった。すると、その謝らない態度はよくないと注意された。彼女にとってはこのとにかく謝るということが大事であるということが納得できなかった。

日本では、もしそれが必ずしも自分が悪いわけでなくても少しでも関わっていれば、その場でとりあえずでも謝罪する姿勢が評価される。ある意味では、謝罪することにより許されるといってもいい。ただ、ほかの国の多くにはそのような文化がない。米国人も中国人もそういう文脈では通常謝らない
弊社の韓国人と台湾人のスタッフに聞いてみたが、彼女たちも日本に来て不思議に思ったのは、日本人はなぜこんなに謝るのだろうかと感じたそうである。そして、しばらくして「あー、とりあえず謝るんだ」ということが分かったそうである。

来日してなんどもこういう場面に遭遇すると、このとりあえず謝るというのが日本人と付き合ううえで、便利なスキルとして認識される。そして、それと類似した独特の日本スキルが身について「日本人化した外国人」になっていく例がある。外国人比率を高くして人材のグローバル化が進めたつもりが、逆に外国人社員の日本人化を進めているケースも多々見られるのは皮肉な現象である。

来日して10年たっても徹底して日本式を拒否しアメリカ式を通す米国人の友人もいるので、人によるのではあるが。

海外の現地法人や工場で、日本式を押し付けるとトラブルになる。日本人の匠の技や緻密さは大いに広めるべきものであるが、日本社会で出来上がった、日本人でもその理由を説明できないような習慣意外と不評であることを日本人はあまり気づいていない。


kazukon at 10:58

「英語を学ぶ」か「英語の学び方を学ぶ」か

2012年04月21日
PG右脳型

DSC00008


「魚を釣りに行く」と「魚の釣り方を学びに行く」、どちらかを選択しなければならないとしたらどうしますか?英語学習に関しては、日本人はどうも前者的アプローチが多い。すなわち「英会話レッスン」に偏りがちである。

本日は、その後者的アプローチ「英語の学び方を学ぶ」オープンセミナーを開催中である。
講師は弊社ディレクターの福田聡子。
私の英語学習公式は

「英語を学ぶ」<「英語の学び方を学ぶ」である。

とにかく自分のやる気の出る学び方を習慣化する。

英語力をつけるのは、プレゼンテーション力習得より、ピアノを学ぶのに近い。プレゼンワークショップに2日間出ればかなりのスキルが身につくが、英語力もピアノを弾けるようになるのも2日間ではまったく無理である。

継続学習「Practice,Practice, Practice」しかないのである。

写真は本日の様子。
Facebookで実況中継しているので、是非ご覧いただきたい。
kazukon at 09:00

「グローバル人材」育成の勘違い

2012年04月16日
ニューズウイーク今週号の日本版ニューズウイークが「不安な時代の働き方」特集で、私のコメントと、弊社の「グローバル人材」の定義についてかなりページをさいて掲載してくれた。
http://www.newsweekjapan.jp/magazine/

グローバル人材育成」の仕事を始めてから25年になるが、2012年現在「グローバル人材に関する誤解」は大手企業においてもまだまだ堂々とまかり通っている


早く何とかしなければますます日本企業のグローバル戦略は後手後手になる。先進国と新興国の企業はものすごいエネルギーとスピードで「組織と人材」に関して手を打ってきているのだから。


kazukon at 10:19

「ランニングシューズの底が赤くなることを強くイメージして」

2012年04月11日
DSC00635
DSC_0172
4月に入り、当社クライアントでの新入社員向けグローバルセッションのラッシュである。

先週の金曜日は大手メーカーでのグループ会社新人を含めた99人、
土曜日は関西の企業での86名を対象にした1日のワークショップを行った。
そして月曜日は大手IT企業のグループ会社新人を含む、約700名に対しての講演、
火曜日は総合電機のグループ会社の新人83名に向けたセッションを行った。

各社ねらいはそれぞれだが、これからの約40年近くのキャリアを通して、
いかにこれからの時代のグローバリゼーションに適応できる人材になれるか、
そこに真剣に取り組んでもらえるかが
一貫したメッセージである。

今年は厳しい就職戦線を勝ち抜いてきたためか、また同僚に他国からの人材も増えているためか、
総じて自分自身のグローバル化に対して、危機意識を持ち、積極的な印象を受ける
食い入るような目つきで私の話を聴き、大勢の前でも堂々と意見を述べる人が多く、
休憩中に質問に来る人の列も絶えなかった。


これからも絶え間なく変化し続けるグローバリゼ―ションの中で、
自分自身を適応させるには、自分自身のグローバル化に向けたありたい姿を描き、
そこに向けた道筋を考える構想力である「ビジョナリーシンキング」と、
常に自己変革し続けるマインド、「セルフエンパワーメント」が不可欠である。

これら自分グローバル化における中核となる2つの要素について
参加者に議論してもらったところ、ある女性から印象的な言葉が出てきたので紹介したい。

「ランニングシューズの底が赤くなることです」

何のことか聞くと、彼女は陸上部出身で、レギュラー陣が走るトラックは赤土のため、
ランニングシューズの底が赤くなることはトップランナーとしてレギュラーに選ばれている証なのだそうだ。
そうなっている自分のビジョンを描き、そのためには何をすべきかを考え、
そして実現に向けて日々努力し続けた。
結果、レギュラーの座を勝ち取った、と話す彼女はとてもイキイキしていた。
まさにビジョナリーシンキングとセルフエンパワーメントを体現した状態だ。

自分グローバル化の実践には、自分自身の弱さを含め、
日々の仕事の忙しさ、配属先がグローバルビジネスとは直接関係がない(と思いこむ)など
言い訳は山ほど言える。


そうした阻害要因を乗り越え、自分自身を高め続けるには、
やはりビジョナリーシンキングとセルフエンパワーメントがカギ
になると考えている。

ランニングシューズの話が出た後、周りの参加者にもイメージがついたのか、
その後のグループディスカッションはさらに盛り上がりをみせた。


毎年この時期は花粉症で苦しいが、彼ら、彼女らの未来への熱い思いを
マインドマップとして描き、語る様子を見ていて、その苦しさも吹き飛ぶ思いだ。

kazukon at 16:08
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら