布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2012年11月

グローバルマインド醸成: 他人事から自分事へ

2012年11月26日
11月20日(火)に、
第82回グローバル人材育成研究会を東京にて開催した。
今回は、
『グローバルマインド醸成: 他人事から自分事へ』
〜導入企業から学ぶ、グローバルマインド醸成と教育体系づくり〜

と題し、株式会社日立システムズの向井孝明様からの事例発表をいただいた。

画像 035


私のパートでは、社員のグローバルマインド醸成を行うにはどうしたらいいか
そのための3つのポイントをお話した。つまり、Why, What, Howを明らかにすることだ。

Why: なぜグローバル人材になる必要があるのか、社員自身が理解する必要がある。
What: グローバル人材の定義をはっきりさせる必要がある。
    仕事が出来る人間+英語力ではないのだ。
How: 自分グローバル化プロジェクトは原則自責ということをはっきりさせた上で、
    組織開発的アプローチでトップダウンで行うのが効果的だ。

当日は、グローバルマインド醸成のためにも数多くの企業で導入いただいており、
かつ、私が日立システムズ様の約500名の管理職に向けて行った、
パーソナル・グローバリゼーションセミナーをご体験いただいた。

画像 005


第二部の向井様からは、
「10年先の将来を見据えたグローバル人財育成」と題し、
グローバルマインド醸成の具体的な取り組みと、
それに対する向井様の思いなど、具体的な数字も踏まえながらお話をいただいた。

画像 045


日立システムズ様はグローバル事業をけん引する人財を育成するために、
未来を見据えてグローバル人材育成に取り組んでいらっしゃる。
特に、管理職のグローバルマインド醸成に重点的に取り組むことで、
部下のグローバルに対する考えを変えてゆく、という、まさに
組織開発的アプローチを通じて、
全社のグローバルマインド醸成に取り組んでいらっしゃる。

当日は、私も微力ながらお手伝いさせていただいている、
この取組についてお話いただいた。向井様は研修実践を
様々な数字を通して検証・改善していらっしゃり、その取組みについては
参加者の皆様からも、感嘆の声が漏れていたのが印象的だ。

また、グローバルマインドの醸成を計測する指標として、当社が開発した
パーソナル・グローバリゼーション度チェック
をご紹介いただいた。
海外研修の前後でこの簡易ツールを用いることで、どの程度、
各指標(ビジョナリーシンキング、セルフエンパワーメント、コミュニケーション、
ダイバーシティ、グローバル・イングリッシュ)に違いが出るかを計測されたという。
このツールは、ニューズウィーク日本版(2012年4・18)のグローバル人材特集にて取り上げられ、多くの企業でグローバル人材度の指標として使っていただいる。無料のツールなので、読者の皆様もよろしければ一度お試しいただきたい。

アセスメントはこちら↓
http://www.personal-globalization.com/assessment/index.php

また、今回は新しい取り組みとして、
ご出席いただいた方々を交えてディスカッションも行った。
私がファシリテーターをつとめ、下記3つのトピックについて話し合っていただいた。
日系企業、外資系企業問わず、各社の取組状況やグローバル人材育成に対する
想いをご共有いただき、非常に充実したディスカッションとなった。

・グローバル人材育成をしても今は仕事がない。
しかし、5年先を見ればグローバルでシェアを取らなければじり貧。
卵(まず育成)が先か、鶏(仕事があれば育成)が先か?

・グローバル人材育成の対象は特定の層/社員なのでしょうか?
それとも、社員全体なのでしょうか?

・グローバル人材育成の戦略部門である人事部のグローバル化も急務。
さて、まずはどうすればいいのでしょうか?


画像 055


画像 060

<ご登壇いただいた日立システムズ 向井様と>

次回のG研は、12月11日(火)@青山一丁目で、
私が待ち望んでいた新しい人材アセスメントについてご紹介する予定だ。
世界125ヶ国・地域あまりの40,000社以上に
すでに提供されており、日本では待ち望んでいた人材アセスメントツールなので、
ぜひ足をお運びいただきたい。
また、会員の皆様のネットワーキングの場として研究会後の忘年会も企画している。

詳細とお申込み→http://www.globaledu-j.com/hrd/seminar_report/seminar_10.html

kazukon at 15:12

大阪では2年ぶり!グローバル人材育成研究会(G研)

2012年11月22日
かねてより当ブログでもお知らせしていた
第81回グローバル人材育成研究会を11月19日(月)大阪にて開催した。

GosakaF












約2年ぶりとなる大阪での研究会開催には、20名のお客様にご参加いただき、
私から「2013年度のグローバル人材育成最新動向」について、
そして、西日本電信電話株式会社(以下 NTT西日本)技術革新部 国際室の前田典生様より、
「NTT西日本 技術革新部でのグローバル人材育成の取組」と題して、
導入事例発表をお話いただいた。
また、最後には当社ディレクターの福田から、右脳型英語学習法
ご来場いただいた皆様にご体験いただいた。

2013年のグローバル人材育成動向の一つとして、
グローバル人材育成=英語研修という枠組みからの脱却が挙げられる。
「日本で仕事が出来る人に英語力をつける」という旧来の発想では、
激化するグローバル競争では勝てないということが、ようやく各社で共有
されつつある。
日本語での経営塾に英語レッスンをつける、という形に代わる形として、
今回の研究会では、選抜型グローバル人材育成プログラム(経営塾in英語)の概要をご紹介した。

また、もうひとつの動向としては、語学習得は基本的には
自助努力という方向に向かっている
点だ。
就業時間中の英語レッスンなど、社員の語学習得に企業が投資をするのではなく、
基礎語学力は社員自らの努力で行う方向になっている。
それを有効に機能させるために、

動機付け→学ぶ方法を学ぶ→ダイバーシティスキルの習得→語学学習の習慣化

という4つのプロセスを組み合わせる自立型英語学習法をご紹介した。

限られた予算をどこにどう投資するか?
組織開発面からみて、最大限の効果が期待できる
プログラムと仕組みへ投資することがますます求められる。

画像 059


グローバル化ではなく、グローバル対応力強化

今回登壇いただいただNTT西日本の前田様には、
海外売上比率0%のNTT西日本の技術革新部様が
グローバル人材育成に取り組む理由、そしてグローバル人材育成プログラムの
実施に至るまでの企画の経緯
などを熱く語っていただいた。

つまり、「海外で売る」人だけがグローバル化が必要なのではない。
海外の技術を取り入れる」ことも含め、
日本にいてもグローバル対応力が求められるのだ。


国内事業中心の企業にとっても「競合はグローバル展開している企業」
という状況は現実である。グローバル競争を勝ち抜くためには、
海外展開率に関係なく、「グローバル化」を目の前の問題として意識し、
対応することが求められている。

画像 080

[ 写真は、NTT西日本 技術革新部 国際室の前田様と ]

次回のG研(グローバル人材育成研究会)は、12月11日(火)に2013年に求められる
新しいグローバル人材像(連続スペシャリスト)についてお話する予定だ。
また、新しい人材アセスメントツールもご紹介する。

詳細とお申込み→http://www.globaledu-j.com/hrd/seminar_report/seminar_10.html

ある職務で成功する特性、そして個人の特性の両方を把握し、
適材適所の配置・育成に活用可能なアセスメントツールだ。
また、会員の皆様のネットワーキングの場として研究会後の
忘年会も企画
しているので、ぜひご来場いただきたい。
kazukon at 09:48

香港とニューヨーク

2012年11月17日
BlogPaintようやく昨日で仕事も終わり、今日一日は香港で休日を過ごした。
昨日は、香港の語学学校二校を訪問した。
どちらも特徴のあるクオリティの高い学校だった。
一校目はイギリス人、二校目は香港人の経営者。二人ともポリシーがしっかりしていて、クリエイティブである。スタッフの動きも生き生きとしていて期待できる。

今回の出張は、台北に始まり、マカオ、そして香港と回ってきたがやはり圧倒的にグローバルなのは香港である。

中国リスクを考えた場合、台北で中国語を徹底的に学ぶというのは1つの選択肢である。
そして、中国語+英語を学びかつグローバルなマインドセットを学ぶというのであれば、香港というのはある意味パーフェクトとも言える。

東京と香港をグローバル度という観点で比較すると、東京は遥かにる遅れていると言わざるを得ない。

香港在住の欧米人は香港という地に全く溶け込んで生活している。
私の友人の東京在住20年で日本語もほぼネイティブに近いイギリス人は、今でも旅行者と同じような外国人扱いをされる。
そんなことは、香港では全くありえないことだ

ニューヨークで自分のグローバル度を鍛えるのは理想である。このブログでも何度も紹介したが、弊社とニューヨーク大学の提携Mini-MBAグローバルとは何かというのを叩き込むには最高のコースだと自負している。
なぜならニューヨークはアメリカではなくニューヨークであり、世界で最もグローバルな街だからだ。

しかし、香港であれば英語と中国語が学べ、欧米と中国のビジネスと文化を同時に学べる。ニューヨークより中国という要素が入るという意味では魅力はある。そして、なんといっても日本と近い。

最近では、香港在住のグローバル企業のCEOやエグゼクティブは北京語ではなく広東語を学ぶ傾向が強いということである。理由を尋ねると、こういったトップ層はローカル社員とフレンドリーに接することを心がけていて、その場合、香港の現地語である広東語を使うことが望ましいからなのである。

今回香港に来てニューヨークを感じた。どちらもハードワーカーが生き残り成功する街である。


明日は日本に帰国し、月曜日が大阪にてG研、火曜日は東京でG研を開催する。
どちらもまだ数席空きがあるのでご興味のある方は是非ご参加いた頂きたい。

大阪→http://www.globaledu-j.com/hrd/seminar_report/seminar_08.html
東京→http://www.globaledu-j.com/hrd/seminar_report/seminar_09.html
kazukon at 23:44

海外語学学校の質を決めるものはなにか?

2012年11月15日
macau





今日でマカオも3日目である。
先ほどイギリスの語学学校11校とのミーティングが終わり部屋に戻ってきた。
すばらしい学校との出会いがたくさんあり私としては大きな収穫だった。

それにしても、語学学校の質とはどの角度からどういう尺度で測るのが正解なのか?

昨日から20校近くの学校のオーナーやマーケティングディレクターとのミーティングを通して感じたことがある。今回この会合に参加している学校は、すべてイギリスの中でも質の高い学校ばかりである。

そして、昨今イギリスの語学学校もM&Aが盛んで業界再編も激しい。
そんな中今回の参加学校は、いわゆるオーナー経営、ファミリー経営が多い。目先の利益ではなく、生徒の成長や満足な顔をが見ることに喜びを感じる学校が多いと感じた。
もちろん最近はチェーン展開の学校にもそういう良心的な学校も多い。利益だけを追求するような学校は時がたてば淘汰されていく。

いずれにしろ、私としてはその中でも更に選りすぐった学校を選択しクライアントにご紹介する責務がある。

私が企業の海外研修プログラムをコーディネートする仕事を始めてから既に25年が経った。その間に、数百社、そして数千人の企業派遣の海外研修をお手伝いし、多くの成功と苦い失敗がある。

そして昨日から2日間で30名以上の学校の運営者と対話をして、私の結論としては、やはりその学校の経営者の考え方、そしてプライド、そしてパッションなのではないかと言うことに行き着いた。

だから、今回新しくコラボレートする学校は、その3つの尺度を持って選択することにした。

明日の朝、香港に移動し香港の語学学校を訪問する。

fuku
















上の写真は、ホテルの会場のベランダからの風景
下の写真は、弊社ディレクター福田と学校の経営者
kazukon at 19:55

マカオ到着

2012年11月14日
fukuda macau昨日台北からマカオに到着。前回は4年前に来たが、ものすごい勢いで開発が進んでいて全く様子が変わっている。
本日からイギリスの語学学校とのミーティングが開始。日本からの企業派遣の状況とグローバル人材育成の課題と我々が語学学校に求めることなどを私から説明する。
昨今イギリスの学校も競争が激化し質の向上に関しては真剣そのものである。

昨晩は、語学学校と各国エージェントとの親睦を兼ねたパーティーがマカオタワーで開かれた。
最上階から見るマカオの街は昼とうって変わりキラキラ美しいの一言
一方昼間のマカオは高級ホテルとカジノと開発に取り残された貧民街のコントラストが独特である。

マカオではタクシーはもちろんのこと高級ホテルのウエイトレスでも英語がほとんど通じない。今朝ホテルの朝食会場のウエイトレスはソイソースが理解できず英語のわかるウエイトレスがが5分後にやってきた。

まぁ、そんなところもマカオの魅力かもしれない。

写真は弊社ディレクター福田聡子。エージェントも世界中から集まっており、とても賑やか。

kazukon at 14:43

「11人のリーダーらが示す組織の未来図とは?」

2012年11月12日
写真 (1)


今日は台北3日目である。こちらは少しひんやりした気候である。少し時間が空いたので先週の日本でのセッションについてご紹介したい。

先週の水曜日、木曜日の2日間で外資系大手メーカーで、社長を始め経営陣11名による、新戦略を組織に浸透させるための方法を検討するオフサイトセッションが開催された。

ファシリテーターはリーダーシップ研修の専門家である新里聡講師
元7つの習慣のカリスマ講師として活躍され、故スティーブン・コビー氏が来日される際は通訳に指名されるほどの人だ。幅広い知識と理論にしっかりと裏打ちされたファシリテーション、そして高い共感性で、導入企業からはいつも高い評価を頂いている講師である。
多くの研修参加者から「沖縄の風が吹く」といわれるほど暖かな雰囲気で、会場全体をリラックスかつオープンに語り合える場に出来る人で、参加者の表情はいつも和やかかつ目が輝いているのがいつも印象的だ。

そんな新里講師のファシリテーションによる今回のセッションについて担当の近藤から報告があった。
会場は那須白河の紅葉の山々に囲まれた素晴らしい施設で行われた。

今回は、新里講師による、リーダーシップやリーダーとしてのコミュニケーションという研修部分と、人事ご担当役員から新戦略に関する提案と課題の提示、そしてそれらの課題について考えることが繰り返される、実務と研修が絡み合った特殊な内容だった。
私も事前の打ち合わせに参加したが、会社のこれからのグローバル化に対応した戦略と展開を考えるもので、これまでのやり方からは大きく変わるため実行には慎重な対応と強いリーダーシップが必要とされる。

そんな内容であったが、11名の経営陣にとって、いいディスカッションが出来たようで、近藤からも2日間を終えての経営陣の方々の晴れ晴れとした表情が印象的だったとの報告を受けた。
11名のチームビルディングにもなったようで、実践に向けてこれからひと山もふた山もあるであろう、新戦略の展開に向けて、全員で一枚岩になって取り組もうという一体感が生まれたそうだ。

このセッションの前には、経営会議も行っており、合計で2日半を終えて、社長から次のような言葉を頂いたそうだ。

「もやもやとしていたものがスカッとした」、
「2日半だったが疲れた感じがしない。まだまだ出来る感じだ」


今後の組織の方向性に関して、11名で同じ方向を見据えることが出来た充実感ある内容だったからこそだと感じる。

一般的な日本企業のスタンダードからすると若く、かつ女性もいる経営陣11名の描く将来の組織はどのように変わっていくのか?
これからが楽しみである。


写真


写真は会場の様子。朝、虹がかかった様子が見られたそうだ。
kazukon at 16:02

台湾で中国語を学ぶ

2012年11月11日
BlogPaint昨日から台北に来ている。台北には4年ぶりに来た。前回は社員旅行で来たので仕事ではなかったが食事も美味しいし、人々も陽気で親切である。
今回は企業における中国語留学に関して、中国本土で学ぶことが尖閣問題以来難しくなってる事情があり、代替案として台北の語学学校をリサーチに来ている。

今日のニュースによると、北京マラソンも日本人が参加できるようになったり、日中関係も少しは沈静化してきている様子も見られる。
しかし一方で、企業としては社員を現地に派遣する際にリスクを取りたくないというのも本音である。
製造業にとっては中国リスクは本当に頭の痛い問題であるが、教育産業にも同じようにネガティブな影響を与え始めている。

今後中国語や中国ビジネスについての研修需要は多くなると予想しており、弊社にとってもどのようにソルーションを提供していくかは非常に重要な課題である。

もちろん国内においても中国人との協働力を高めるスキルアップセミナーは引き続き開催していくが、現地で生活し人々のことをより深く理解し、言語を習得していくこともやはり重要なのである。

明後日まで滞在しそれからマカオに移動する。

写真は509.2メートの高さを誇る台北101。時速60.6キロメートルのエレベーター(東芝エレベーター製)を体験した。
kazukon at 23:13
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら