布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2015年08月

エンジニアのためのミッション遂行型新興国研修@フィリピン

2015年08月07日
昨年6月にもご導入頂いた大手IT企業様よりフィリピンでのミッション遂行型研修(別名「ミッション・インポッシブル」研修)を今年もご導入頂き14名のエンジニアが参加した。
英語力・所属・年齢は様々であり、英語力はTOEIC400〜700点以上まで、また入社3年目の若手から15年目のベテランまでと幅広かった。手上げではなく全員が各部署で指名されての参加且つ参加者の中の6名は海外へ行くのが初めてであった。初めての海外でただの旅行ではなく「ミッション」が課されていくのだから、緊張感は想像を超えるものがあっただろう。

今回のミッションはマニラにアジアオフィスの拠点を置く、ソーシャルメディアマネジメントサービスを提供する会社に協力頂いた。フィリピン市場でのニーズを知り、クライアント候補を選定、もしできればアポも取って来てほしい、というハードルの高い要望を頂いた。クライアント対象としてレストランを指定されており、チームに分かれレストランに次々と訪問していく。4チームに分かれ、各チームにフィリピン人参加者が1名入り常に英語で会話できる環境を用意した。


昨年同様に計7日間でフィールド調査・データのまとめ・翌日の準備・協力会社への提案まとめを全て行った。各チームそれぞれ違った波があったが、日々、‖任舛里瓩気譴覘大きな気づきを得る深い自信につながる瞬間に出会う、といったサイクルを回すことで1人1人が着実に自信をつけていった。

元々今回の目的として、クライアントからご依頼頂いていたのは、海外業務や英語に対して前向きに感じることや、異文化コミュニケーションを体感することであった。その目的は、「海外で働きたい(海外初体験の参加者2名からの言葉)」や英語を学習し続ける、などのコメントから達成できたことが分かる。元々の目的以外で達成したことがあった。

・武者修行:
猛暑且つ台風のマニラでレストランを何店舗も周り、何度も断られながら次の策を考えた。
精神的にも体力的にも厳しい状況の中、何とか提案をまとめなければいけないというプレッシャーとの戦いの日々だった。

・チームワーク:
チームワークは1つ目の武者修行と深くつながっている。辛い思いを一緒に乗り越えた仲間であり、
難題なミッションに頭を突き合わせて取り組んだ仲間でもある。お互いを尊敬し尊重し合う姿には感動を覚えた。最後にはチームメンバーへの感謝の言葉が多く聞かれた。これは日本人同士で特に見受けられた

フィリピン人参加者との初日は、全く打ち解けられなかった。どう声をかければ良いか分からず、目も合わせられなかった。関係が最も近くなるのはフィールド調査。フィリピン人参加者がこの研修で最も感動したこととして語ったエピソードがあるので紹介したい。

インタビュー風景


フィールド調査では、
.譽好肇薀鵑離ーナーやマーケティング担当に直接インタビューをする ▲潺好謄蝓璽轡腑奪僉次覆客の振りをしソーシャルメディアをどのように使っているか聞き出す) L椹訥敢此陛稿發妊宗璽轡礇襯瓮妊アをどのように宣伝しているか)の3つ方法があった。

,離ぅ鵐織咼紂爾脇辰縫蓮璽疋襪高く、1日目はフィリピン人参加者が主にインタビューを行った。
2日目にフィリピン人参加者が"Would you like to try interviewing yourself?"と日本人だけで挑むことを提案したところ、"Why? Why?"と戸惑いと不安が入り混じった反応だった。しかし意を決して日本人のみで挑んだところたくさんの情報を得ることができた。丁度台風が来ており土砂降りの雨の中、フィリピン人参加者の元に戻ってきた時には、"I am so confident!"と満面の笑顔であったことが、そのフィリピン人参加者の記憶に焼きつき、心から嬉しいと思える瞬間だったと語っていた。

上記の2つのことで2つの"C"が培われた。それはConfidence & Courageである。
たった1週間で、怖気づく時間もほとんどない中で思い切って新しいことに飛び込むことの繰り返しと、それによる日々深くなる自信は、一目瞭然であった。

忙しいと言われても食いつきます


この機会を「自分への投資」と明確に理解し、成果発表会のためだけにマニラまで飛んでくださった常務の方に、感謝の気持ちを述べている方が多くいらっしゃった。

「これからどのように会社に恩返しができるのか?」と悩む研修生に伝えた常務の言葉が感慨深かった。

「教育とは成果が分かりにくいものである。帰国してすぐに成果が出るかもしれないし、1年後、10年後に出るかもしれないし、出ないままで終わってしまう人もいるかもしれない。」

研修前から確実に変化を遂げた14名のエンジニアの今後の活躍に期待したい。

kazukon at 11:19

「リーダーシップはアウトドアで鍛えられる?」

2015年08月04日
先日、大手企業の営業部門における約1年間の次世代リーダー研修が軽井沢でキックオフ
パートナー講師の森和成さんがこの夏にオープンさせたライジングフィールド軽井沢での研修だ。

それぞれがテーマを持って、この1年間リーダーとしての自分を鍛えるために、
次の3点について様々な角度から考える。

ー分自身と向き合う
課題と向き合う
人・組織と向き合う


そして、職場におけるリーダーシップ実践テーマをプランニングしていく3日間だ。

各々設定した実践テーマの状況を、半年後の中間発表で共有し、
そして来年5月には幹部に向けて成果発表を行う。

昨年スタートした研修で第1期は好評だった。
そこで、今年も全国から総勢30名の次世代リーダーが選抜された。

しかし今年は、新たな要素が加えられた。
従来の、「研修=研修室・会議室での実施」という既成概念を外し、アタマだけで考えるのではなく、身を持って先の3点にじっくりと向き合えるよう、新たに「アウトドア」という要素を入れての研修となった。

最初の2日間はあいにくの雨だったが、3日目はそれまでの雨がウソのような快晴となり、
1日かけて大小様々な体感ワークに取り組みながら、それぞれチームで動くこととは、組織内でリーダーシップを発揮することに関して、様々な気づきが得られた。

最初の2日間は5名1組のチームで職場で取り組むテーマについて夜遅くまで熱い議論を交わしながら考えてきた。そして3日目の午前中は屋外で15名1チームで複数の課題にチャレンジ。

・TPロール (丸太を使ってのワーク)
・ジャイアントシーソー (バランス板を使ってのワーク)
・ニトロクロッシング (ロープを使っての島渡り)


IMAG0458IMAG0462
IMAG0465IMAG0487

2チームでそれぞれ課題にチャレンジしたが、ワークを重ねるごとにそれぞれチームの個性が徐々に明確になってきた。
まずは行動!互いに声を掛け合いながらトライアル&エラーで最適解を見つけていく行動派チーム
最初に丁寧にプランニングした上で、都度振り返りながら最適なアプローチを見出していく頭脳派チーム
それぞれアプローチは違うがしっかりと結果を出している。

そんな2つのチームが最後に合流して、30人全員で、「ジャイアントウォール」に挑戦
30人が全員の力を重ね、全員が約4mの壁を乗り越えるというワークだ。
時間内に全員が登り切り、達成感がオブサーブしていた私にも伝わってきた。

IMAG0502IMAG0504

その直後の振り返りでは、それぞれのメンバーの細かな配慮や、サポート行動
背の高さ、力持ちなど個の特性を生かしての行動などが見られ良かった点もあったが、
午前中にいいチームとなった15名1組のチームが他チームと合流することで、それぞれのチームの
アプローチの違いから、互いに牽制し合った部分や、人数が多くなることで、どこか周囲に任せてしまう行動が出ていた人、など今後、人・組織に向き合う上での気付きが次々に挙げられた。
いいチームが出来るということは、同時に「排他性も高まる」ということも体感した。

この「アウトドア」での研修、リーダーの育成にはもちろんのこと、チームビルディング、ダイバーシティ対応、メンバーの主体性を引き出す、というテーマにも多いに有効だと感じた。
ご興味ある方はぜひお問い合わせ頂きたい。

さて、この30名がこの3日間の気づきをどのように活かし、どのような1年後を迎えるのか。
今からとても楽しみである。
kazukon at 10:21
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら