布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

2017年01月

関西企業のグローバル人材育成事情

2017年01月25日
IMG_0330今日の午後は大阪でグローバル人材育成研究会(G研)を開催するため新幹線で移動中(外は雪景色)。
大阪支店を昨年開設してもうすぐ1年になる。時が経つのは早いものだ。

私は平均月に1回は関西地区を回り様々な案件をお伺いしできるだけのアドバイスをさせていただいている。主なクライアントは大阪と京都であるが、弊社が大阪に進出したことを歓迎していただく企業が意外にも多かった。

曰く「大阪のグローバル人材育成ベンダーは、英語研修と異文化研修、あるいは教材を買ってください的なアプローチ、あるいは日本語でのグローバルリーダー育成が主流で知識や教養のインプットに終わりスキルに落とし込めず困っていた。

これはとても嬉しいお言葉であり、弊社のソリューションのアプローチを正しく評価いただいている。

今日のG研のレポートはまたこのブログにて。

kazukon at 11:35

新年のご挨拶

2017年01月01日
IMG_0156みなさまあけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。
ここに皆様のますますのご多幸をお祈りしつつ 新年のご挨拶を申し上げます。

今年は米国の新大統領の誕生、Brexitの影響はどうなるのか、またアジアにおいても様々な動きが複雑化し目が離せません。
2016年は幹部層のグローバルリーダー化への投資が活発化し、その胎動を強く感じた年でした。
そして、近年まれにみる激変もあり得る1年が期待と不安を持って始まりました。

だからこそどんなグローバリゼーションの荒波にも適応できるタフかつ柔軟性を持つ組織と人材がますます求められる動きが加速化し、さらに具体的な動きになると予想しています。


私個人としてはライフワークである「パーソナル・グローバリゼーション(個のグローバル化)」をテーマに、微力ながら社会貢献に取り組んで参ります。

引き続きご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

(元旦初日の出@吉浜海岸)
kazukon at 08:36
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら