布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

TOEIC600点で英語のプレゼンテーションはできるか?

2011年02月14日
K1今週の水曜日(2月16日)に開催するG研第61回でご登壇いただく弊社パートナー講師の河原崎圭市(写真左)さんは、TOEIC600点の人が説得力のあるプレゼンができるようになるワークショップを展開している。



できる」というのはずいぶんあいまいな表現であるが、正確に言えばTOEIC600点で人前で英語でプレゼンテーションすることに自信が持てるようになるといったほうが妥当かも知れない。

別の言い方をすれば、TOEIC600点で英語のプレゼンができないからTOEIC800点にあげたとしても、それだけでは問題は解決しないのである。

弊社のコア人材グローバル化1年間コース(述べ約30日間)では、河原崎さんに2日間ご担当頂いているが、4-5年前の受講者から今でもあの2日間が忘れられないという声が届く。



どのようなメソッドなのかにご興味のある方は、ぜひG研にご参加いただきたい。すでに満席であるが、あと数名であれば当日キャンセルもあるのでなんとかなるかもしれない。



kazukon at 14:06
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら