布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

大阪では2年ぶり!グローバル人材育成研究会(G研)

2012年11月22日
かねてより当ブログでもお知らせしていた
第81回グローバル人材育成研究会を11月19日(月)大阪にて開催した。

GosakaF












約2年ぶりとなる大阪での研究会開催には、20名のお客様にご参加いただき、
私から「2013年度のグローバル人材育成最新動向」について、
そして、西日本電信電話株式会社(以下 NTT西日本)技術革新部 国際室の前田典生様より、
「NTT西日本 技術革新部でのグローバル人材育成の取組」と題して、
導入事例発表をお話いただいた。
また、最後には当社ディレクターの福田から、右脳型英語学習法
ご来場いただいた皆様にご体験いただいた。

2013年のグローバル人材育成動向の一つとして、
グローバル人材育成=英語研修という枠組みからの脱却が挙げられる。
「日本で仕事が出来る人に英語力をつける」という旧来の発想では、
激化するグローバル競争では勝てないということが、ようやく各社で共有
されつつある。
日本語での経営塾に英語レッスンをつける、という形に代わる形として、
今回の研究会では、選抜型グローバル人材育成プログラム(経営塾in英語)の概要をご紹介した。

また、もうひとつの動向としては、語学習得は基本的には
自助努力という方向に向かっている
点だ。
就業時間中の英語レッスンなど、社員の語学習得に企業が投資をするのではなく、
基礎語学力は社員自らの努力で行う方向になっている。
それを有効に機能させるために、

動機付け→学ぶ方法を学ぶ→ダイバーシティスキルの習得→語学学習の習慣化

という4つのプロセスを組み合わせる自立型英語学習法をご紹介した。

限られた予算をどこにどう投資するか?
組織開発面からみて、最大限の効果が期待できる
プログラムと仕組みへ投資することがますます求められる。

画像 059


グローバル化ではなく、グローバル対応力強化

今回登壇いただいただNTT西日本の前田様には、
海外売上比率0%のNTT西日本の技術革新部様が
グローバル人材育成に取り組む理由、そしてグローバル人材育成プログラムの
実施に至るまでの企画の経緯
などを熱く語っていただいた。

つまり、「海外で売る」人だけがグローバル化が必要なのではない。
海外の技術を取り入れる」ことも含め、
日本にいてもグローバル対応力が求められるのだ。


国内事業中心の企業にとっても「競合はグローバル展開している企業」
という状況は現実である。グローバル競争を勝ち抜くためには、
海外展開率に関係なく、「グローバル化」を目の前の問題として意識し、
対応することが求められている。

画像 080

[ 写真は、NTT西日本 技術革新部 国際室の前田様と ]

次回のG研(グローバル人材育成研究会)は、12月11日(火)に2013年に求められる
新しいグローバル人材像(連続スペシャリスト)についてお話する予定だ。
また、新しい人材アセスメントツールもご紹介する。

詳細とお申込み→http://www.globaledu-j.com/hrd/seminar_report/seminar_10.html

ある職務で成功する特性、そして個人の特性の両方を把握し、
適材適所の配置・育成に活用可能なアセスメントツールだ。
また、会員の皆様のネットワーキングの場として研究会後の
忘年会も企画
しているので、ぜひご来場いただきたい。
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら