布留川 勝の「人材育成の現場!」日記
企業・団体の「グローバル&自立型人材」育成に携わるグローバル・エデュケーションの代表、布留川が人材育成の現場で日々感じたことなどをまとめます。 BLOG内検索
GlobalEducationandTrainingConsultants代表取締役布留川 勝カーネギーメロン大学 Institute for Software Research International Program Director

フィリピン

どんな人が「フィリピン留学」すべきなのか?

2014年06月01日
image一昨日からマニラに来ている。目的は2つである。
1番目は、提携している語学学校との打ち合わせであり、2番目は今日から行われる「5-day Mission Driven Business Challenge Program」の運営である。

最近フィリピンが英語教育に関して注目を浴びているのは皆さんもご存知の通りである。弊社でもオンライン(電話英会話)とオフライン(留学)の両面でプログラムを展開しているが、なかなか好評である。
ある企業では社内英会話レッスンを大幅に削減して電話レッスンに切り替えコスト・効果両面で成功している。

よく受けるご質問は、「フィリピンと欧米の語学学校の違い」である。
簡単にまとめると以下の通りである(3-5は左が欧米右がフィリピン)。
1 価格 (欧米>フィリピン)
2 先生の国籍 (欧米人/フィリピン人)
3 教授法 (グループレッスン主体/プライベートレッスン主体)
4 滞在方法 (ホームステイ/寮かホテル)
5 目的 (英語力に加え多国籍、主にEU、の人材と交わる/英語力プラス新興国体験
)

では、どんなケースでは「フィリピンを留学先として選択するメリット」があるのか?
それは、まずは英語力アップが主目的で予算が低い場合、次になんらかの理由でプライベートレッスンが好ましい場合である。例えば、英語力がTOEIC400以下の場合である。このレベルであればフィリピン留学は適している。プライベートレッスンであり、かつフィリピン人のホスピタリティあふれる優しく丁寧な教え方が英語苦手派に安心を与え効果がある。
あるいはTOEIC700以上であるがほとんど話した経験のない人にも向いている。
1日7-8時間の英語漬けは、TOEIC高得点者の英語保有能力を引き出してくれる。

最近の成功例では、TOEIC600の赴任前マネージャー語学留学は、<1ヶ月フィリピン2ヶ月イギリス>の組み合わせだ。
弊社のアセスメントでこの方のスピーキング力がかなり低いことがわかり、フィリピンでのプライベートレッスンを1ヶ月入れた結果、帰国後ご本人から非常に感謝された。フィリピンで会話に慣れていない状態でイギリスの学校はきつかったと思うと言われていた。

更に、新興国を体験することの意味は大きい。戦後の日本がそうであったように、急成長する国はどこも将来への明るい期待の裏側に汚職や大気汚染や治安の悪さや貧富格差などの矛盾を抱える社会である。高度成長期を実体験していない世代にはそういう社会での生活は貴重な体験である。日本では想像のできない貧しさやインフラの酷さがそこにはある。
新興国のビジネスパートナーがどんな生活をし、その結果どんな価値観を持っているのかを深く理解しているか表面的にしかわからないのかでは相手からの共感度は大きく変わるのである。

今回は高価格で高い質(カリキュラム、講師、施設)と中価格の学校を視察した。
低価格低サービス校は企業向けではないので除外した。

フィリピン留学といっても、千差万別であり、使い方もいろいろ工夫が必要である。

5-day Mission Driven Business Challenge Programについては改めてレポートさせて頂く。

kazukon at 16:35

フィリピン:企業研修の教育インフラについて

2013年04月20日
Manila ジプニー水曜日からフィリピンのマニラに来て今日で4日目である。まだ、すべてこのブログに書ける訳ではないが、昨日までの視察および様々な教育機関とのミーティングを通してだいぶコンセプトが固まってきた。
フィリピンは留学やオンラインの英語レッスンのリソースとして必要な諸条件がだいぶ整備されてきた。
私は20年前に初めてこちらの大学と日本人向けのMini-MBA(マネジメント+英語)のコースを開発し、その時のことは鮮明に覚えている。その当時は米国とイギリスの教育機関とのコラボレーションが主流であったため、その現場で見たものは強烈な印象に残っただと思う。
その中の一つが、私がビジネススクールで受講した教授の教授法である。
確かアキノ政権の時のマニラ市長であった人物であったが、非常に厳しいスタイルであった。質問に答えられない生徒(企業派遣の若手社員)をどんどんその場で立たせていく。昨今の欧米の主流であるファシリテーターとしての教授とは全く逆であり、欧米でこの教授が教鞭をとったら間違いなく不評である。それどころか、ボイコットされるであろう。

もちろんフィリピンも20年の時を経て、2013年の今はだいぶ様子が違う。ただ、欧米とASEANでのビジネスはやはり根本的に違う。もちろん米国とEUが違うのと同様、中国とASEANも違う。また、各国それぞれの違うのであるが、フランスとドイツの違いはフィリピンやマレーシアとイタリアとの違いほど大きくないだろう。

違いというのは、優劣ではなく、ただ違うということだ。どこの国に行ってもその国の文化やスタイルを尊重し、それに適応していかなくては建設的な関係を持つことはできない。
間違っても、頭ごなしに教育して自国のスタイルに変えてしまおうとしてはいけない。

日本企業は残念ながらまだこの過ちを犯してしまうことが多々ある。あるいは、極端に現地任せにしてしまう。なぜか両極端なのである。

そういう意味で、今後日本企業としては教育リソースとしてのアジアにより注目していくべきだと思うし、その中で、英語教育とアジアにおけるビジネスのプロトコールを同時に体験できるフィリピンに注目すべきだと考えている。

明日帰国するが、今回開発中のプログラムについては準備ができ次第G研などを通して皆様にご紹介していきたい。
kazukon at 14:26
ページの先頭へ


このWebサイトに掲載されている文章・写真・イラスト等の無断転載等を禁じます。(C)Copyright 2006 GLOBAL EDUCATION AND TRAINING CONSULTANTS. All Rights
      Reserved.
布留川 勝の「人材育成の現場!」日記 グローバルエデュケーションのサイトへ 詳しくはこちら